2017年4月21日

桜ドラマの最終回はロマンチックな八重桜のトンネル、関内桜通り

佐々木 翠 佐々木 翠

ついに、桜の季節が終わりを告げようとしています。関内新聞では、3月中旬から姉妹紙と連携して桜情報をお届けしてきましたが、それも今回の関内・桜通りの八重桜で最後となりました。可憐に咲き散りゆく桜に思いを馳せて、今年の桜のドラマの最終回です。

関内さくら通りの八重桜小紙では、今回姉妹紙と連携して桜情報をお届けしてまいりました。

南仲通り汽車道新港パーク大岡川掃部山公園伊勢山皇大神宮野毛山公園本牧山頂公園根岸森林公園新本牧公園本牧市民公園、そして三溪園。(掲載順不同)

すでに桜もほぼ終わり、新緑の季節へ向かいはじめましたが、思い思いの場所で桜を楽しまれたのではないでしょうか。

小紙は、3月中旬頃から桜を追ってきました。

それから約1ヶ月の間に渡り卒業、入学など人生の転機に彩りを添えてくれた桜。

可愛らしい花はパッと咲き、一瞬ではらはらと散ってゆく様は見事なほどドラマチック。

そして、その桜のドラマの最終回となるのが、関内さくら通りです。

関内さくら通りの八重桜

ここにある桜は、八重桜で、品種はカンザン

この品種は、ソメイヨシノの花吹雪を見る頃に咲きはじめるようです。

関内さくら通りの八重桜

桜はバラ科サクラ属。中でもこの八重桜カンザンは、満開になるとぷっくりとして、花も密集して咲くのでまるでブーケのように豪華に咲きます。

関内さくら通りの八重桜関内さくら通りの八重桜関内さくら通りの八重桜関内さくら通りの八重桜

ソメイヨシノより若干丈夫で長持ちすると言われていますが、今週に入り日曜日の夜から天気が悪く、月曜日は雨のち晴れで強風。今週末までもてば、美しい桜のトンネルを満喫しながら、関内を散策することができるかもしれません。

昼に太陽の下で見るのもよし、夜の街灯に照らされた花を見るのもよし。

どんなドラマになるのかは、見ているあなたの気持ちしだい…

関内さくら通りの八重桜関内さくら通りの八重桜関内さくら通りの八重桜関内さくら通りの八重桜

この記事の著者

佐々木 翠

佐々木 翠ディレクター

幼い頃、初めて家族旅行に来たのが横浜山下町。その思い出のこの街に居を移し、早くも17年。ほぼ関内または関外エリアを中心にどっぷりと街に馴染み、愛犬と暮らしています。新旧交えた横浜関内地区について独自の調査により知り得た地元情報を、それぞれの人間ドラマと共に、関内の街をディープに発信していきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る