2017年3月26日

心おどる早咲きの桜、開花宣言前の知る人ぞ知る場所そこは南仲通

佐々木 翠 佐々木 翠

春は卒業、入学など出会いと別れが交錯する季節。そんなセンチメンタルな気持ちを癒してくれる花、それは桜。満開になれば心がおどり、散りゆく花に思いをはせる。そんな気分にさせる桜を追って、開花を宣言した横浜関内・早咲きの桜の様子を見てきました。

東京は全国で最初に開花宣言されました。横浜もちょうど昨日(3月25日)に開花宣言が出て、少しづつ春が近づいています。

とは言っても桜はやっと咲き始めたばかり。まして夜はまだまだ寒いです。

しかし、テレビなどで桜の便りを聞くと不思議に心が躍ります。花が咲いて街がうっすらとピンク色に色づくと、どこかに出かけたい!という気分になります。

待ち遠しいですね。

お花見といえば大岡川沿いや三渓園などが有名です。現在はまだ蕾だと聞いていますが、すでに葉桜になっている場所がこの関内にあるんです。

それが…、

関内・南仲通の桜です。

ここは、関内でも早々に桜が楽しめるところ。3月中旬頃が見頃と踏んで尋ねてみたら…あぁ、間に合わず。

しかし、確実に春がすぐそこに来ていることを感じました。

こうしてみると、日々咲いているかどうかがニュースになる花は他にはありません。

咲いては散りそして新緑に向かっていく桜は、別れそして出会い、また成長や変化など人の心に響く花だからこそ、つい追ってしまうのかもしれません。

葉桜に少しセンチメンタルな気分になっていると、足元に「財布をくわえた犬」が桜を見ていました。

来年はもう少し早く行ってみよう!

この記事の著者

佐々木 翠

佐々木 翠ディレクター

幼い頃、初めて家族旅行に来たのが横浜山下町。その思い出のこの街に居を移し、早くも17年。ほぼ関内または関外エリアを中心にどっぷりと街に馴染み、愛犬と暮らしています。新旧交えた横浜関内地区について独自の調査により知り得た地元情報を、それぞれの人間ドラマと共に、関内の街をディープに発信していきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る