2019年2月14日

横浜ラーメン「曙家」が弥生町2丁目にオープン

猫木智美 猫木智美

ラーメン街道とも言われる鎌倉街道(国道16号)の曙町二丁目北交差点近くに「横浜ラーメン 曙家」という家系ラーメンが2019年2月12日にオープンした。

ラーメン街道に新たな家系ラーメン

事前の少ない情報を頼りに「曙家」に向かった。

「曙家」は鎌倉街道の「曙町二丁目北」交差点と大通り公園沿い「弥生町二丁目」交差点との間にあり、赤い看板ですぐに横浜家系ラーメンだとわかる。

間口が狭く少しドキドキしながら入店すると、「いらっしゃいませー」ととても明るい声に迎えられたのが印象的だった。

外観から想像するよりも店内は、奥行きがあり広く感じた。

店内はカウンター7席の他、テーブル席も3つほどあり、12時前の到着にもかかわらずほぼ満席の状態。

曙家の店内

店内に入るとすぐ券売機があり、そこで食券を購入するスタイルだが、筆者が行ったのはオープン翌日ということもあり、ラーメンも一種類でトッピングも限りがあったので、今回はトッピングなしを注文。

曙家のラーメン

家系ラーメンといえば麺の硬さ、味の濃い薄い、脂多め少なめ等聞かれ、好みでそれを変えることができる。いつもなら「硬め少なめ」とオーダーするところだが、今日は「お店の味を知る」ということで普通でオーダーしてみた。

ごつごつした大きめの器から豚骨醤油の家系独特の良い香りが立ち込める。スープはガツンと濃いめかと思いきや、角々しいしょっぱさはなく、薄め好きの筆者には好みの味だった。

脂も臭みやしつこさがなく上品さが感じられる。

麺は家系では珍しく、ちゅるッともちもちした中太麺でスープによく絡んでいた。

曙家のラーメン2

今後の「曙家」に期待すると共に、次回は味玉トッピングを楽しみにしたい。

ショップデータ

横浜ラーメン 曙家
  • 横浜市中区弥生町2-15-1
    ストークタワー大通り公園1階


この記事の著者

猫木智美

猫木智美

横浜に魅せられて移住。特に新旧入り混じる関内、馬車道エリアが大好き。健康に気遣いながらもお酒とラーメンがやめられないマイペース女子。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る