2016年2月22日

正にラーメン街道!?長者町5丁目から阪東橋までに8軒が腕を振るう

ページ数(1/4)
森本 康司 森本 康司

鎌倉街道の長者町5丁目~阪東橋のエリアに8軒のラーメン店が軒を連ねる。家系ラーメンから魚介系醤油、さらには北海道ラーメンなど種類も豊富。急ぎのランチや飲んだ帰りなどに重宝するかも知れないこのエリア。ラーメン街道と呼ぶに相応しいかも。

鎌倉街道(国道16号)の長者町5丁目から阪東橋までの道路に沿って、実はラーメン屋が7軒も立ち並んでいます。(※投稿日現在)取材の合間のランチに手軽に素早く食べられることもあって、ラーメンを食べる頻度が比較的高い筆者は、このエリアにしばしば出没してラーメンをすすっていることが多々。

そんなラーメン街道に、8店目となるラーメン屋が現在オープンに向けて工事をしているという情報をキャッチ。もしかするとこの界隈、ラーメン激戦区となって有名になるのではないか…、といち早く記事にすることにしました。

ラーメン二郎 関内店

ラーメン二郎

まず長者町5丁目の交差点付近、この場所を通ると決まって目にするのが、とあるお店の前にできる長い行列。恐らく関内中どこを探したって、これほど毎日、これほど決まって行列が見られる光景はココだけ。

そう、その行列の源となっているは、かの有名なラーメン二郎 関内店。本当に、このお店だけは毎日決まって行列ができています。

で、いったいどんなラーメンかというと、こんな感じ。

な、なんだ!?

このチャーシューの肉厚感は?

えっ!?

これで小ラーメンなのか?

と、衝撃を受けることが間違いなさそうなラーメン二郎 関内店。いつも行列ができているので、並ぶこと覚悟で行く必要があります。

たかさご家

たかさご家

そして阪東橋に向かって鎌倉街道を進んでいくと、次に見つかるのはたかさご家。こちらのお店はお昼時から深夜帯まで営業している家系のラーメン屋さん。

本店は日ノ出町駅前にあり、関内エリアにいくつか出店しているお店です。

はまじん

はまじん

そしてさらに進むと今度ははまじんが見えてきます。こちらのお店は味噌ラーメンが売りのよう。お昼時にはランチセットもやっているようで、ひっそりと佇むながら、店内にはいつもお客さんが入っているようです。


目次に戻る