2017年6月3日

晴天に恵まれ、今年も横浜開港記念バザーが横浜公園で開催中!

森本 康司 森本 康司

横浜っ子が一年で一番盛り上がる日。6月2日の開港記念日に合わせて、今年も横浜公園で横浜開港記念バザーが開催されています。真夏のような日差しの中、グルメに植木に乾物に!目的に合わせて楽しめる開港記念バザー会場に、今年も足を運んできました。

真夏のような陽気の中、今年も開港記念バザー開催中

86回横浜開港記念バザー今年もこの季節がやってきました。

5月31日~6月6日の期間、横浜公園で第86回 横浜開港記念バザーが開催されています。

ちょうど開港記念日の6月2日(昨日)は、まるで夏の様に感じるほど日中の気温が高く、まぶしい日差しを浴びながら開港記念バザーの会場をお散歩しました。

日本大通り側の公園入口には、横浜開港記念バザーの看板が設置されています。

全国都市緑化よこはまフェアとコラボ

86回横浜開港記念バザー

横浜公園の中央にある噴水では、野球する形になった植物が展示されていました。これは、全国都市緑化よこはまフェアが開催されているのに合わせた企画のようです。

毎年楽しみなグルメと植木

86回横浜開港記念バザー噴水を囲む広場では、毎年楽しみなB級グルメのキッチンカーが勢揃い。

真夏のような陽気ですから、ビール片手につまみ食いしながらバザーを楽しむこともできます。

からあげに佐世保バーガー、広島焼きに富士宮やきそばなど、どれも気になり、どれも美味しそうな看板に目を奪われてしまいます。

86回横浜開港記念バザー開港記念バザーといえば、こちらも毎年楽しみな植木市。

昨年は日本大通り側の公園入口近くにエリアが準備されていましたが、今年は横浜公園の遊具がある広場の近くでした。

お庭の植木や、花壇のお花はもちろん、スイートバジルやパセリといったハーブを販売しているブースもあり、活気あふれる掛け声が飛び交っていました。

まだ間に合う!横浜開港記念バザー

86回横浜開港記念バザー今日と明日は、開催期間中の唯一の週末。

引き続きお天気も良いですし、ハマスタでは横浜DeNAベイスターズがソフトバンク ホークスを迎えて、セパ交流戦のゲームがあります。

お隣のみなとみらいエリアでは、横浜開港祭も開催されていますので、横浜はイベント盛りだくさんの週末です。

是非、こちらの横浜開港記念バザーから足を運んでみてくださいね。

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。近頃は、見様見真似でシェーカーを振ったり、料理をしたりすることが多くなった。お酒の空瓶で作るBottle Ware Artにハマっている。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る