2017年4月10日

雨も絵になる「これぞ、ヨコハマ」写真スポット満載の汽車道の桜

佐々木 翠 佐々木 翠

歴史と未来の融合地域みなとみらい。ワクワクする見どころ満載の観光地にある「汽車道」。桜木町駅方面から赤レンガ倉庫まで行く整備されたプロムナードにまさに今満開の桜が咲いています。あいにくの雨模様ですが、しっとりと風情のある花見もお洒落かも…

汽車道の桜汽車道の桜

汽車道」ここは、横浜の鉄道の歴史には欠かせません。東横浜駅(桜木町駅の東側)と横浜港駅(赤レンガ近く)まで結ぶ横浜臨港線の一部で、日本の物流の大動脈のひとつだったところ。

その廃線跡を利用して、一部を緑地として整備してできたのがプロムナードです。

汽車道の桜

この汽車道の両脇を彩るのは、形もよく潮風などに強い”ソメイヨシノ”が主に植えられているようです。

ご存知のとおり、桜餅の葉っぱと潮風に強い桜と言えば“オオシマザクラ”ですが、桜の開花を告げる標本木は“ソメイヨシノ”ですね。

この“ソメイヨシノ”は、花がふっくらとして長寿種の“エドヒガン”と丈夫な品種の“オオシマザクラ”の交配で生まれた木を起源とする、クローンであるということが判明しています。

日本にある桜は“ソメイヨシノ”が一般的。言わば、2種の原種のいいとこ取りをした桜が“ソメイヨシノ”です。

「汽車道」のように整備された公園にある桜の多くは、環境に強いことと、桜の種類をいくつか混ぜることで花の咲く時期、大きさ、色など少しづつ変化させているようです。考えられていますね。

では、本題の今日の桜は…

汽車道の桜汽車道の桜

「満開」です!!

が、小雨模様のあいにくのお天気。時折、花散らしの風も吹いていました。

汽車道の桜汽車道の桜汽車道の桜汽車道の桜

汽車道の桜でもさすが、「これぞ、ヨコハマ!」というだけある観光地。

桜越しに見える景色には、歴史を感じる建物「赤レンガ倉庫」があり、その対角にある横浜のランドマーク「ランドマークタワー」などの近代的な建物がある。

ひとつの場所でたくさんの見どころがあって、絵になる場所は他にはないと思います。

汽車道の桜汽車道の桜

桜はこれから、花びらが潮風に吹かれて散り、そして新緑へと変化していくでしょう。

その移りゆくさまを見るのも風情がありますね。

汽車道の桜汽車道の桜

急がなくても大丈夫。ゆっくり太陽のもとで季節を楽しむのも良さそうです。

汽車道の桜

この記事の著者

佐々木 翠

佐々木 翠ディレクター

幼い頃、初めて家族旅行に来たのが横浜山下町。その思い出のこの街に居を移し、早くも17年。ほぼ関内または関外エリアを中心にどっぷりと街に馴染み、愛犬と暮らしています。新旧交えた横浜関内地区について独自の調査により知り得た地元情報を、それぞれの人間ドラマと共に、関内の街をディープに発信していきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る