2020年6月29日(月)

港の見えるストリートピアノが大さん橋に

保科政美 保科政美

地下鉄関内駅や馬車道駅で高評となったストリートピアノ。新たに横浜港大さん橋にもピアノが設置されました。

港を見渡す客船ターミナルにピアノが

ピアノ1

ポップスにジャズ、クラシックやアニソン等々、2018年12月の設置から関内のストリートピアノにはジャンルを問わず音楽好きが訪れて、自由に演奏を楽しむ姿がよく見られました。

ところが新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月初めから利用停止となってしまいました。

ピアノ2

コロナ騒動の影になっていましたが、この3月に横浜港大さん橋の国際客船ターミナルにもストリートピアノが設置されていました。その直後にこちらも利用停止となったのですが、緊急事態宣言が解除とともに6月に入って解除になりました。現在演奏することができるようになっています。

大さん橋には、16日に資材置き場で火事があった飛鳥Ⅱが係留中。

ピアノ3

外出自粛要請も解除されて1か月近く経つのですが、大さん橋を訪れる人はまだ少ないですね。平日とはいえ客船ターミナルには人の気配がありませんね。

ピアノ4

どこにピアノがあるのかと探しながらターミナルの奥へと歩いていくと、ありました! 出入国管理をおこなうCIQプラザの手前。広々としたロビーの真ん中にポツンとピアノが置かれています。

ピアノ5

設置されているのはヤマハの電子ピアノ。ストリートというより、駅や空港に置かれたピアノもそうですが、ターミナルピアノとでも呼ぶのが本来かもしれませんね。

特別に用意されたような厳かなこの雰囲気、どうですか。青いスポットライトは、やはり「ブルー・ライト・ヨコハマ」にかけた演出でしょうか。

演奏できるのは午前9時から午後9時まで。客船の発着等で変更となる場合があります。

ピアノ6

このピアノの魅力は、何といっても窓外の景色。あいにくの梅雨空ですが、山下埠頭の方向、氷川丸やマリンタワーがよく見えます。

ピアノ7

♪ソーダ水のなかを貨物船が通る……港の景色を見ながらユーミンのフレーズを弾いてみたくなりますね、もしもピアノが弾けたなら。

関内の新たな音楽スポット、大さん橋のストリートピアノ。今ならひとりじめできますよ。

この記事の著者

保科政美

保科政美

好物は麺類酒類全般。あまのじゃくなB型。大桟橋まで走って2時間、横浜奥地在住。いろいろな言語が聞こえてくる昼下がりの大通り公園で行き交う人を眺めているとロサンゼルスにいるような気がしてきます。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る