2017年5月29日

横浜市港湾局ダイヤモンド・プリンセス市民船内見学会の募集開始

森本 康司 森本 康司

横浜市は、今年8月4日にプリンセス・クルーズ社の協力によって、大型外国客船ダイヤモンド・プリンセスの船内見学会を開催すると発表しました。港湾局のホームページ上で、その見学会へ参加する応募方法について公表を開始。総勢46名を招待する。

横浜市は「市民が集い・憩う港」を目標として、市民にクルーズや港を身近に感じてもらうために客船運航会社や代理店の協力のもと、客船の市民船内見学会を実施しています。

今年8月4日に、プリンセス・クルーズ社の協力により、大型外国客船ダイヤモンド・プリンセスの船内見学会を開催すると発表しました。

ダイヤモンド・プリンセス

ダイヤモンド・プリンセスについて

  • 総トン数:115,875トン
  • 全長:290.00m
  • 全幅:37.50m
  • 乗客定員:2,706名
  • 就航:平成16年3月
  • 船籍:英国
  • 運航会社:プリンセス・クルーズ(米国)

実施内容

  • 開催日:2017年8月4日(金)
  • 会場:横浜港大さん橋国際客船ターミナル 停泊中の「ダイヤモンド・プリンセス」内

応募について

  • 対象:横浜市内在住者
  • 募集人数:46人(応募多数の場合は抽選)
  • 応募方法:往復はがきにて
  • 募集締切:2017年6月15日(木)消印有効


その他、詳細な応募方法や注意事項などについては、横浜市港湾局のホームページでご確認ください。

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。近頃は、見様見真似でシェーカーを振ったり、料理をしたりすることが多くなった。お酒の空瓶で作るBottle Ware Artにハマっている。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る