2014年5月6日

【美ら】泡盛マイスターが酔わす!関内で沖縄を満喫できる「結」

ページ数(1/7)
森本 康司 森本 康司

五感の全てで沖縄を感じさせてくれる泡盛カクテルと沖縄料理のお店「結」。泡盛マイスターの勧める豊富な種類の泡盛と、内地では滅多に味わうことができない数々の沖縄のお料理。山下公園から少し足を伸ばせば届く「結」で最高の沖縄時間を過ごしてみては?

連休中ということもあり、山下公園や赤レンガパークでは色んなイベントをやっている。

せっかくのお休みだから、海っぺりを散策しようと狩り出されたのは良いものの、大勢の観光客の人波に揉まれて、若干疲れ果ててしまった。

 
美ら海も感じてみないか?
 

すっかり休みの横浜を楽しんでいるアイツとあの子には悪いが、いつまでも人波に揉まれて歩き回るのはごめんだった。絶妙な誘いを思い付き、まだまだ遊び足りないという二人に、こう声を掛けた。

※アイツとは、パクパク隊のこと。時々関内新聞のグルメネタに登場し、読者に美味しさの感動を伝えるためのボランティアスタッフのはずだったが、最近レギュラーのようになってしまっている。
 
※あの子とはパクパク隊に憧れて、築地銀だこハイボール酒場 関内店の取材に同行した読者モデルのモグモグ隊。関内新聞では読モは受け付けていないのだが、絶妙なコメントをすることがわかり、今後もスポットで登場するかも知れない存在。

確か山下公園から象の鼻パークに向かい、途中から県庁のそばを抜けてベイスターズ通りに入ったとこに、美ら海を感じさせてくれる最高の店があったはずだ。

賑わっている山下公園から見る海ももちろん良いが、疲れ果て空腹の末に胃袋が安易な選択をする前に、早めにアイツとあの子を説得して美味いモンにありつきたかった。

 
そうだ、ここだ。
 

泡盛カクテルと沖縄料理 結(ゆい)
外観①

本町通りからベイスターズ通りに曲がり、太田町郵便局の手前にある緑色をしたビルにその店はある。

アールを描く階段を2階に上ると、そこから一気に沖縄を感じさせてくれるから、この二人もきっと文句をいうことはないだろう。

外観②

ここからは美ら海だ!

山下公園から見る横浜の海も良いが、少し歩くだけで来れた関内の美ら海も良いだろう?

入口疲れと空腹で胃袋が暴挙を起こす前に、
旨い料理と美味い酒で穏やかな心地になりたい。

だから、
海つながりという絶妙な理由を思い付き予定を切り上げさせた。

そのことに不満を言うかと心配して、後ろからついて来る二人に声を掛けようかと思ったが、
既にキャッキャと言って騒ぎ始めている姿を見て、その必要がないことが明白になり心の中で呟くに留めておいた。


店内①どこに座るか?

さっきに店に入ってから沖縄の雰囲気に興奮しっぱしの二人を連れているんだ。

騒ぎ過ぎてお店に迷惑が掛からないように、ここは隅の方に陣取るべきだろうか…。


いや待てよ。

 
せっかく開放的な風土を感じる広々とした沖縄のお店なんだ。しっかりとセンターに陣取り、

シーサー
シーサー

水槽のトロピカルな魚
水槽

感じながら、全身で沖縄の美ら海を味わい、

心を解き放って、酔ってやる!

お店詳細

目次に戻る