2020年7月2日(木)

新型コロナ緊急事態宣言解除、関内の夜の街は

保科政美 保科政美

緊急事態宣言にともなう店舗や施設の休業要請が5月27日に解除。営業時間を午後10時までとする時短営業の要請は、6月17日にようやく解除されました。その翌週、解除後初の給料日後の金曜に、店々に灯りがともる関内の「夜の街」を歩いてみました。

あい変わらず賑やかな伊勢佐木町

宣言解除1

解除前には「これまで以上の外出の自粛を!」と物々しい横断幕が掲げられていたイセザキモール。

ファストフード店などが休業、急遽マスクを販売する店に行列ができたり、ラーメン店が軒先で食材を販売するなど、いろいろな事態が起きましたが、コロナ前も後も商店街の人の行き来はほぼ変わらないように見えます。
やっぱりここは住民の生活に密着した街なんですね。昼から缶チューハイ片手に語り合うおじさん達もあい変わらずです。

宣言解除2

コロナ騒動が始まった頃、イセザキモールに居酒屋やバル、ラーメン店が相次いで開店しました。
そしてお手頃価格の酒場が並ぶこの一角は、明るいうちからコロナ前と変わらない賑わいを見せています。

アートとバーの街、吉田町にはシャッターが

宣言解除3

関内から野毛方面へ向かう吉田町通りは、イセザキモールとは違いちょっと寂しいムード。

小さなギャラリーや小粋なバーが並ぶ通りですが、ご覧のようにシャッターが目立ちます。
落ち着いた静かな雰囲気の店が多いので、シャッターで通りの印象が暗くなってしまうのでしょうか。

宣言解除4

コロナ以前に閉店した店もありましたが、去年まではこんな雰囲気ではなかったはず。吉田まちじゅうビアガーデンのあの大賑わいは、どこへ行ってしまったのか。裏通りで開店している店があるようなので、そちらへ行ってみましょう。

宣言解除5

吉田町の裏通り、ノラねこ通りです。そもそも人通りの多い道ではなかったので雰囲気はコロナ前と変わっていませんが、以前ならこの時間には閉まっていたはずの店が、もう元気いっぱいオープンしていますよ。
店先でママに声をかけて聞いてみました。時短営業要請が解除された6月から時間を変えて営業を再開。夕方から夜12時までやっているそうです。コロナ前は夜8時頃から朝方までの営業だったんですよね。がんばってます。

復活のきざし、金曜の夜らしく賑わう野毛

宣言解除6

次は大岡川を渡って宮川町から野毛方面へ歩いてみましょう。

小さなバーがぎっしりと居並ぶ都橋商店街は、まだ時間が早いせいか人が少ないようですが、ほとんどの店が営業していますね。
ちょっとのぞくと、若い常連客でカウンター席がすでに埋まっている店もいくつかあります。

宣言解除7

自粛期間中は、ぱたりと人影が消えてしまった野毛ですが、今夜の野毛柳通りはこの通り。
職場の仲間でしょうか、目当ての店へと連れ立って歩くグループを多く見かけます。
金曜の夜なんだから、こうでなくちゃいけませんね。

宣言解除8

野毛小路では早くも行列ができている所がありますね。

ついこの間まで、金曜の夜といえば酔客でぎっしりになる日もあった野毛界隈。
コロナ前と同じではないとしても、勢いが戻りつつある感じがします。

宣言解除9

立ち飲みの聖地・桜木町ぴおシティの地下飲食店街に来るのは久しぶりです。

ここ最近若い女性客が増えた感じでしたが、だいぶ減ったようです。金曜の夜にしては、やはり人が少ないですね。

市庁舎移転後のベイスターズ通り、関内桜通り

宣言解除10

4月から順次移転が始まり、横浜市役所の業務は6月からすべて北仲通の新市庁舎になりました。

ここベイスターズ通り辺りは、旧市庁舎に最も近かった繁華街です。
市役所で仕事する人たちが桜木町側に移ってしまい、通りを歩く人もその分減ってしまったのかもしれませんね。タクシーの空車が何台も県庁の方向へ通過して行きます。

例年なら夏へ向かいプロ野球が盛り上がるこの時期ですが、今シーズンは3か月遅れでようやく開幕ばかり。しかも無観客試合。居酒屋の窓をのぞくと、ハマスタで進行中のベイスターズの試合をテレビ中継で見ながら飲む人もぽつりぽつりといるようです。

宣言解除11

この界隈を歩いて目につくのは「ランチ始めました」の掲示。

全国的なことだと思いますが、コロナ以降、居酒屋など夜営業の店で増えました。

宣言解除12

レストランやカフェの「テイクアウト」の看板も他のエリアよりもよく見かけます。

宣言解除13

市庁舎だけでなく県庁や裁判所などもある横浜随一の官庁・オフィス街に隣接する通りなので、ランチやテイクアウトの需要は他のエリアより多いはずですが、リモートワークの拡大で職場に出勤する人が減っているとも聞きます。

夜の帳が下りた関内桜通り、雨の予報ではなかったと思いますが、客待ち顔の店員さんが空模様を気にしています。

新市庁舎が間近になった馬車道通り

宣言解除14

新市庁舎の最寄駅は桜木町駅と地下鉄の馬車道駅ですが、関内駅から新市庁舎へ向かう時は、きっと多くの人が馬車道通りを抜けて行きますよね。馬車道の人の流れに変化はあったでしょうか。

薬局2階のテラス席から、多人数で談笑する声が聞こえてきます。今日ここまで歩いて、こんな声を聞くのは初めてです。中華料理店の店先では、テレビで顔を見たことのある店主が諦め顔で通りを眺めていました。やはりコロナの景況で、夜の街に出る人はまだ少ないのでしょうか。

宣言解除15

こちらは裏馬車道、こんばんは横丁。個性的な店がそろった大人の横丁ですが、表通りと比べるとひっそりしすぎていますね。

宣言解除16

馬車道界隈をひとまわりして関内駅へ戻ろうとした時、ボンボボーンと無観客のハマスタから花火が上がりました。店の窓からちょっとテレビを見させていただくと、昨日の中日戦に続いて今夜の阪神戦もベイスターズが勝利です。

宣言解除17

なんだか寂しいレポートになってしまいましたが、お気に入りの店を探すなら今がチャンスです。「おうち時間」にあきたら、関内で外飲みして「夜の街」を歩いてみませんか。多くの店がしっかりと感染防止対策をとっているます。安心できる店で夜を楽しんでください。

この記事の著者

保科政美

保科政美

好物は麺類酒類全般。あまのじゃくなB型。大桟橋まで走って2時間、横浜奥地在住。いろいろな言語が聞こえてくる昼下がりの大通り公園で行き交う人を眺めているとロサンゼルスにいるような気がしてきます。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る