2016年12月23日

横浜市港湾局『「飛鳥Ⅱ」市民船内見学会』の参加者を募集開始。

横浜市は、来年3月3日に郵船クルーズ社の協力により、横浜港を母港とする日本客船「飛鳥Ⅱ(総トン数50,142トン)」の市民船内見学会を開催すると発表。港湾局のホームページ上で、その見学会へ参加する応募方法について公表を開始。総勢80名を招待する。

横浜市港湾局HPホームページのスクリーンショット

横浜市は「市民が集い・憩う港」を目標として、市民にクルーズや港を身近に感じてもらうために客船運航会社や代理店の協力のもと、客船の市民船内見学会を実施しているが、来年3月3日には郵船クルーズ社の協力により、横浜港を母港とする日本客船「飛鳥Ⅱ(総トン数50,142トン)」の船内見学会を開催すると発表。

横浜市港湾局のホームページにおいて、その応募方法など詳細を公表を始めた。それによると、横浜市内在住者から80名を招待する。

応募についての、詳細は同ホームページにて。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る