2017年11月20日

尾上町に新しく Bar Herencia がオープンする

森本 康司 森本 康司

JR関内駅北口からほど近いファストフード店のある小道を曲がったところに、新しくBar Herenciaがオープンする。先に小紙主催で開催した第4回カクテル・ショウにも登壇してくれたバーテンダーが、独立開業する運びとなりました。11月22日のオープンを予定している模様。

長年の夢をかなえて晴れて自身のバーを開業

Bar Herencia今月5日(日)に小紙主催で開催した第4回カクテル・ショウで、ステージの大取を飾ったバーテンダー坂本 聡喜 氏が独立開業して尾上町にBar Herenciaを11月22日に開店する。

店名になったHerencia(エレンシア)は、坂本氏のオリジナルカクテルの名前から付けられた。

カクテルコンペで数々の賞を受賞している坂本氏が念願叶え開店するお店で、尾上町の小道に新たな灯りが灯ることとなる。オープンは11月22日(水)を予定で、年内は12月30日(土)まで休まず営業するとのこと。

ショップデータ

Bar Herencia
  • 横浜市中区尾上町3-45-2 ヴァルス尾上町101
  • 営業時間:月~土 17:00~5:00/日・祝 17:00~24:00
  • 定休日:日曜(予定)※2017年中は、12月30日まで休まず営業

※ ショップデータは小紙編集部に届いた案内状からの情報です。


この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。近頃は、見様見真似でシェーカーを振ったり、料理をしたりすることが多くなった。お酒の空瓶で作るBottle Ware Artにハマっている。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る