2019年3月18日

ありがとうマリンタワー!! 全館休館にともないイベント開催

保科政美 保科政美

横浜の港と関内の街を見守って58年。まもなく休館となるマリンタワーで感謝イベントを開催中です。期間限定で展望フロア入館料が半額になります!!


アーティストのメッセージムービー公開

マリンタワー休館1

横浜港開港100周年記念行事の一環として計画されて、1961年に開業した横浜マリンタワー。港ヨコハマのシンボルとして愛され続けて58周年を迎えた今年、横浜市による改修工事をおこなうため3月末で全館一時休館することになりました。

3月は、市民への感謝のこめて「THANK YOU EVENT」が開催されています。

マリンタワー休館2

展望フロア29階では、メッセージムービーを上映中。名誉館長の横山剣をはじめ、ゆず、CrystalKay他、横浜を代表するアーティストたちがマリンタワーにまつわる思い出を語っています。

マリンタワー休館3

3月23日(土)は、1階ギャラリーホールで音楽イベントを開催。植松哲平&SakuのダブルMCとスペシャルゲストのトークショー。午後1時スタートです。入場無料。

マリンタワー休館4マリンタワー休館5

ギャラリーホールの壁面を飾る山下清画伯のモザイク画は、マリンタワー開業当時に製作されたもの。こちらもぜひ見ておきたいものです。

マリンタワー休館6

そして、3月25日(月)からは展望フロアの入場料が、なんと半額に。大人375円、中高生250円、小学生125円、幼児100円で29階と30階の展望フロアへ登ることができます。

高さ106メートルのマリンタワーは、今ではビルや高速道路の間に埋もれてしまいそうな感じもありますが、天気がよければスカイツリーや房総半島、富士山まで見渡すこともできます。展望フロアから見渡す港の夜景も格別ですよ。

新たに生まれ変わるマリンタワーの営業再開は、2022年4月以降の予定。

マリンタワー休館7

この記事の著者

保科政美

保科政美

好物は麺類酒類全般。あまのじゃくなB型。大桟橋まで走って2時間、横浜奥地在住。いろいろな言語が聞こえてくる昼下がりの大通り公園で行き交う人を眺めているとロサンゼルスにいるような気がしてきます。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る