2014年9月30日

【抜群】本格イタリア料理を楽しく食べられるBACCOで呑んだくれる

ページ数(1/7)
森本 康司 森本 康司

楽しい店の雰囲気に気軽に本格的なイタリア料理が食べられる福富町仲通の「BACCO」。美味い味に思わず笑いが出てしまったその顔に、してやったりと笑い返すいたずら心が優しいシェフとの会話。食事を楽しめるその店に踏み入れれば満足が保証される。

ちょっと足を延ばしてみよう…。

そんなことをフッと思い立ち、いつも歩きなれた街から出てイセザキ・モールの入口にやってきた。それは、馬車道の交差点からJRの高架をくぐり、首都高横羽線を走る車の上を渡る橋で吉田橋関門跡の史跡に目をとめた後のこと。

 
こんなに傍だったのか…。

イセザキ・モールの入口のシンボル的なゲートを見ながら、初めて訪れたこの風景に「なぜ今まで足を向けなかったのか」と考え、アイツが現れるのを待った。

急に「イタリア料理が食べたくなった」とメールしてきたワリには、アイツは一向に姿を見せない。気が付いてみると待ち合わせの時間は過ぎ、辺りが秋の心地良い夕暮れに染まり始めている。

※アイツとはグルメネタに登場し、美味しく料理をいただく情景を伝えるためにお手伝いをしてくれるボランティアスタッフ。関外新聞の読者には初めての紹介となるが、関内新聞ではレギュラー的に出演している存在。

普段と同じ待ち合わせなら、少々苛立ちを隠せなくなる時間の過ぎようだったが、何せ初めての場所での待ち合わせ。迷子になっていると容易に想像できたから、こちらの方から電話をかけてみる。

 
弱ったな…。

イセザキ・モールのペットショップの前にいることが分かったものの、そのペットショップがどこにあるかが分からない。吉田橋をちょっと渡っただけの距離なのに、待ち合わせにすら苦労するとは考えてもみなかった。

 
ようやく合流できたのは、それから数分ほど経った頃。幸い目指すイタリア料理のお店に教えてもらった道順に、沿っているようだった。

イセザキ・モールのゲートをくぐり、モールを歩いた場外馬券売り場の建物のところに、目立つイタリアの国旗をモチーフにしたのぼりと立て看板を見つけることができた。そこを曲がり福富町方面に少し行ったところにその店はあった。

 
Italian Bar BACCO
BACCOの外観

アイツが急にイタリア料理などとわがままを言うものだから、慌てて仲良くしている和食の職人に教わったお店。慣れない場所での待ち合わせと、地図を見ながら捜し歩いたことも重なり、まだ夕方の早い時間にも関わらず、すっかり腹が空いてしまっている。

BACCOの入口

外観からグッとくるイタリアを感じさせるお洒落な面持ちに、ためらうことをせずに店の扉を開けて中に入ると、ワインボトルが賑やかに並べられる楽しい店の雰囲気が、一気に押し寄せ頬をかすめていく。

気軽に楽しめそうだ。

週末のラフな格好で来たこともあり、気を使って食べなくてはならない店だったらどうしようかと、少し心配してきたものの、店に入った途端に笑みがこぼれる楽しげな雰囲気に、アイツに目配せをして話かける。

BACCOの内観①

期待が高まると次にするのは席選び。

テーブルに腰掛け、向かい合ってプレートをシェアするか、それともカウンターが良いか。

BACCOの内観②

寛ぎながらワイワイと食事できる、こちらの席もよさそうだ。

どの席にしても間違いなく言えることは、楽しく気軽に今宵の食事が楽しめそうだということか。張りつめる空気感がなく、柔らかく流れる空間。目に楽しい店内の装飾が、その中に身を任せるだけでリラックスをさせてくれている。

BACCOのカウンター

いつもなら…。調理するシェフとの距離が近いカウンターに迷わず座るところだが…。

何せ初めて来たエリアで初めての店。人から教わったものの、いきなり目の前に座り、熱い羨望の目で見つめても良いものだろうか…。


お店詳細

目次に戻る