2017年7月1日

横浜市南区別所の京城苑が関内駅近くに7月3日オープン

森本 康司 森本 康司

JR関内駅北口からほど近い場所に、新たに焼肉店がオープンする。同店を運営するのは、羽衣町に本社がある(株)湘南フーズ。老舗を受け継ぐ同店の味には、非常に興味があります。

老舗焼肉店のホスピタリティを受け継ぎオープン

別所 京城苑JR関内駅北口からほど近い場所に、横浜市南区別所の老舗焼肉店のホスピタリティを受け継ぐとする別所 京城苑が、7月3日(月)にオープンする。

同店を運営するのは、パチンコ アビバグループの(株)湘南フーズ(本社:横浜市中区羽衣町)。

既に開設されている同店のホームページによると、横浜市南区別所で1975年から営業していた焼肉店を受け継ぎ開店するとのこと。

この店の入居する建物は、数年前に新築で建てられ、1階にはスタンディング形式の飲食店が入居していた。2階は空室だったようだが、同店は1階と2階の2フロアで営業をする模様です。

ショップデータ

別所 京城苑
  • 横浜市中区港町2-9-7
  • 営業時間:17:00~24:00
  • 定休日:

※ ショップデータは同ショップHP及び店頭看板からの情報です。


この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。近頃は、見様見真似でシェーカーを振ったり、料理をしたりすることが多くなった。お酒の空瓶で作るBottle Ware Artにハマっている。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る