2021年7月10日(土)

セルテのイベントスペース、関内ブックバザールに注目

保科政美 保科政美

JR関内駅前のショッピングセンター、セルテの1階イベントスペースが「関内ブックバザール」となってパワーアップ。
7月21日まで「関内seven古本マーケット」開催中です。

さまざまなイベント開催で、関内のカルチャー拠点に

ブックバザール2021

この春から古書市やサブカル雑貨マーケットなどのイベントが開かれていた関内セルテ1階のイベントスペースですが、7月から「関内ブックバザール」とネーミングされて、活気あるカルチャースポットに変貌しているようです。プロデュースしているのは、グリム書房の劔重さん。「関内のカルチャー拠点となるよう、本を中心にしたさまざまな企画でセルテを盛り上げていきたい」と意欲を燃やしています。

ブックバザール2021

ただいま開催中の「関内seven古本マーケット」では、神奈川県内の古書店7店がセルテに結集。バラエティーに富んだ魅力的な古書が会場に並べられています。

ブックバザール2021

いちばん奥のコーナーには、戦前〜戦中の児童雑誌や児童書がずらり。国会図書館や博物館に納められそうなラインナップです。

ブックバザール2021

大判の「鉄腕アトム」の雑誌もありますね。気になります。

ブックバザール2021

写真集のコーナーにも、すごい本がそろっていますよ。

ブックバザール2021

こちらには、バザールの雰囲気が楽しめるエスニック調の小物やステッカー。掘り出し物が見つかりそうです。

7月22日からは、世界のワインが楽しめるイベントに変わるそうです。こちらも気になりますね。

この記事の著者

保科政美

保科政美

好物は麺類酒類全般。あまのじゃくなB型。大桟橋まで走って2時間、横浜奥地在住。いろいろな言語が聞こえてくる昼下がりの大通り公園で行き交う人を眺めているとロサンゼルスにいるような気がしてきます。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る