王道から変わり種まで!「関内酒場」の串カツで魅惑の昼飲みを♪

つづいて雪見だいふく。

雪見だいふく串ってなんのこっちゃと思いましたが、本当に雪見だいふくを揚げているそうなのです。そんなことできるんですね!

関内酒場の雪見だいふく

(ちょっとわかりにくい写真なのですが…)中からアイスがこんにちは~。

関内酒場の雪見だいふく②

こちらもやっぱり女性に人気で、5~6本注文しちゃうコアなファンもいるのだそうです!

ここまで串カツをご紹介してまいりましたが、串カツ以外にいただいた2品のおつまみも個人的に大変気に入りました!隠れた逸品なんじゃないか!?と思いましたのでご紹介です。

こちらは手作りポテトサラダ。店長さんはじめ厨房に立たれているスタッフさんみなさんお若いのですが、これはもうお母さんの味です。素朴な味で個人的に大好きです。

関内酒場のポテトサラダ

 
そして特製どて焼き。牛すじ煮込み。

関内酒場の牛すじ煮込み

味がいい感じにしみていて、お酒のつまみとして完璧です。小鉢なのですがたっぷり入っているのもうれしい!

おつまみメニュー、ほかにもいろいろ揃っていますので次回は他のもいただいてみたいです!

は~今日も食べた食べた…

と、外に出てみると、まだこんなに明るい!!!!もうあと一軒二軒余裕だし!

関内酒場の外観②

このふわふわした足どりでお散歩するのもなかなか気持ちいい~!

ほどよく酔えるこの感じ、結構はまっちゃいますよ。

ランチがてらにするもよし、おでかけ前にするもよし、暇つぶしで立ち寄るもよし!

昼だから、ガッツリ串をたくさん食べちゃっても罪悪感半減!(…っていうことにしましょう)

関内昼飲み、ぜひおためしください♪

 

ショップデータ

関内酒場
  • 横浜市中区末広町2-4-7 地下1階
  • TEL:045-315-6889
  • 営業時間:
    月~金 16:00~23:30
    土・日・祝 11:30~23:30
  • 定休日:無し

 


ページ:
1 2

3

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事sumiyoshi_eye秋晴れの中、住吉町入船通り秋まつりで秋の味覚を堪能してきた!

次の記事bunjiro2_eyeまるでフレンチ!?想像を超えた一皿が登場するおでん屋「文次郎」

この記事の著者

岸野 ちほ

岸野 ちほ副編集長

九州生まれ九州育ち。学生時代を横浜で過ごし、横浜を第二の故郷と呼んでいる。ハマスタでアルバイトをしていたことがきっかけでベイスターズファンに。ファン歴は10年。

この著者の最新の記事

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る