2016年1月11日

横浜DeNAベイスターズがビジターユニフォームフルモデルチェンジ

森本 康司 森本 康司

横浜DeNAベイスターズは2016シーズンに着用するビジターユニフォームをフルモデルチェンジすると発表。球団創設5周年を横に、胸のロゴに「YOKOHAMA」を配して横浜のプロ野球チームとしての意識を高めた。2016年は横浜を誇りに優勝を実現して欲しい。

横浜DeNAベイスターズは、球団創設5周年目を迎える2016シーズンを戦うビジターユニフォームのデザイン
を変更すると発表。

ユニフォームイメージ

新ユニフォームのコンセプトは、「海と港の街、横浜」。これまで、ビジターユニフォームの胸には「DeNA」のロゴを配置していたがが、「横浜に根づき、横浜と共に歩む」という想いのもと戦う5周年の今年からは「YOKOHAMA」に変更。

ボディは横浜の澄み渡る青い空と、港町・横浜の海を表現したグラデーションは、球団のメインカラーである「横浜ブルー」をベースにデザインされている。

ユニフォーム前ユニフォーム後
ホームユニフォームにも採用している、チームのアイデンティティーでもあるストライプは、無数の細かなドットを組み合わせることで構成していて、それらがグラデーションと交わることで、光をあびてキラキラと輝きを増す海の水面を表現しているとのこと。

過去の伝統は継承しつつも、フルモデルチェンジという表現がふさわしい大きな変更となっているようだ。

ビジターユニフォームの胸に「YOKOHAMA」を配すのは、横浜DeNAベイスターズとなって初めて。5周年という節目の年を迎えた2016シーズン。横浜の誇りを胸に、優勝を目指して戦って欲しい。

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。週に3度は、関内で飲み歩きしている。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。汗っかきで、暑さが苦手。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る