カウンターで楽しむマジックショーで不思議な夜を過ごしませんか

ときどきバラエティ番組などで、芸能人の方が目の前でマジックを見て「きゃー!すごい!どうなってるのー」なんて言っているシーンを見て、「ふうん、テレビ用のリアクションでしょ」なんて思っていたそこのあなた!

そんなあなたにこそ、ぜひ体感していただきたいです。目の前で起こる、この不思議なできごとを…

それがかなうお店が、関内にもあるということをご存じでしょうか?相生町の「BLACK BOX」です。
 
ほの暗い雰囲気のよい店内に、気さくなマスター。

blackbox_001

blackbox_002

一見ふつうのバーなので、とりあえずドリンクを飲んでまったり。

blackbox_003

…が、しかし。照明の色が変わった途端に…

blackbox_004

マスターがマジシャンの顔へと豹変!

blackbox_005

マジックショーがスタートします!

このBLACK BOXは、40~45分のテーブルマジックをカウンター席で楽しむことができるマジックバー。

フリードリンク90分1,000円とショーチャージ3,000円(いずれも税別)で、プロが誘う不思議な時間を目の前で味わうことができます。

こんなに至近距離でマジックを見られる機会なんて、なかなかないことですよね…!

マスターの横山俊之介さんは、14歳の頃からマジックに興味を持ち、ホテルマンを経てマジシャンに転身。2016年の6月にこのBLACK BOXをオープンさせました。

さて、気になるショーの中身ですが…

すべてをお見せしてしまっては楽しみがなくなってしまいますので、目の前で体験してきた筆者が厳選する「絶対にナマで見ていただきたい!」というマジックをダイジェスト版でご紹介いたします!

まずはコインのマジック。こちらは100円の「100」の中を筆者が黒く塗りつぶしたもの。

それを紙で包んで…

筆者の手のひらの上にある、一本だけ火のついたマッチで火をつけ…

はい!何かが起こりました!もう何が起こってるんだかわかりません!

そして消えました。…いったい何が起こったのでしょうか。目の前で起きていることを全然理解できません。

お店詳細


ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事hotel_eye日本におけるホテル発祥の地が関内にあったこと知っていますか?

次の記事cocktail-show3_eye第3回カクテル・ショウの前売りチケット販売に関しまして

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る