第2回関内フード&ハイカラフェスタで街が盛り上がった文化の日

秋晴れの素敵なお天気に恵まれた11月3日文化の日。

今年5月30日~31日の日程で行われた、「関内フード&ハイカラフェスタ」の第2回目となるイベントが開催されました。

弁天通1丁目から4丁目までの約350メートルに、約40ブースの飲食店や骨董などの店舗が出店。

良いお天気だったことも手伝って、たくさんの方がそれぞれのブースで買い物をして楽しんでいました。

フードフェスタ

このイベントは関内街づくり振興会が主催し、関内の飲食店や企業から有志が集まり運営されています。実行委員会は2ヶ月間もの間、毎週打ち合わせを行い準備をしていました。

その第2回関内フード&ハイカラフェスタに出店していた幾つかのブースを出店者の笑顔を中心にご紹介します!

BAR Kushiba

まずはこの日のイベントでひと際目立っていたブースからご紹介。同時開催で行われていた馬車道まつりに近い、弁天通4丁目エリアに出店していたBAR Kushibaは、「横濱ハイカラハヤシライス」と6種類のクラフトビールを販売されていました。

Kushiba①

Kushiba③

6つのビールサーバーを準備していただけでもすごいのに、何とこのブースでは、トランペットやアコースティックギターで音楽を演奏したり、はぜすくい!?など、まるで夏祭りさながらの遊びも提供していました。

Kushiba②

カメラを向けるとこの笑顔。

真ん中でピースサインをするこの方こそ、BAR Kushibaの店主の松澤さんです。単焦点レンズで撮影のため、ピントが女性に合わせちゃっていましたので…、

Kushiba④

改めて松澤さんにカメラを向けると、この表情!

Kushiba⑤

遊び心満載の目立つブースを出店して、してやったりの満面の笑みが、何とも可愛らしい松澤さんでした。

麦草

同じく4丁目エリアに出店していた、麦草さん。何と磯子から遥々関内まで出張してのご出店です。

結②

普段、麦草さんでは、手作りの定食を販売しているお店ですが、この日は沖縄そばを出品。

定食屋さんなのになんで?

…と思っていたら、着物姿の見覚えのある笑顔を発見。

結①

以前、この関内新聞でも取材して『泡盛マイスターが酔わす!関内で沖縄を満喫できる「結」』というタイトルで記事にさせて頂いた、沖縄料理「結」の泡盛マイスターの永山さんがいらっしゃいました!

結③

麦草さんのブースでは沖縄そばの他にも、炭火で料理人が丹念にやいた魚の串焼きと日本酒を出品。

結④

この頃、ちょうどお腹が減っていたので、早速この串をいただいてお腹を満たさせて頂いちゃいましたよ。


ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事lunchan_eye日本大通りのテラスで乾杯♪Lunchan Avenueのカバで優雅な時間!

次の記事cocktail-show2_eye関内にカクテルの花が咲いた日~第2回「カクテル・ショウ」開催

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る