2013年12月23日

【北雪】日本酒の会では美味しいお酒が存分に味わえるジャン!

ページ数(1/4)
森本 康司 森本 康司

日本酒のウンチクと美味しい料理が同時に堪能できる日本酒の会。その噂をかぎつけた関内新聞は迷うことなく潜入する。横浜ではなかなか味わうことができない「北雪」の10種類もの日本酒を美味しい料理と一緒に、3,500円で味わえる会に参加したジャン!

日本酒好きの関内新聞はとある噂を聞きつけ、潜入取材を行うことを決めた。

それは、関内某所で月に一度開催されているという日本酒の会。会の名前を聞いただけでも、生唾を飲み込んでしまいそうな関内新聞は、前日より肝臓の調子を整え、ウコンを飲んで潜入した。

取材の準備と会場の撮影のため、誰よりも先についた関内新聞は、写真撮影の許可を得ると撮影しやすい席を選び陣取りカメラの準備をする。

取材道具を準備しているテーブルには、数種類のグラスが置かれていて、これから始まる日本酒の会への期待を更に高めてくれる。

 
お猪口にグラス、そしてチェイサー用のグラス
グラス

カメラの準備が終わると、そこに目に入ってきたのが本日の日本酒ラインナップ。式次第に書かれている日本酒の数を見て更にテンションが上がる!

な!なんと!!

9種類の日本酒が楽しめるのか!?

ラインナップ

日本酒の会ではたくさんの種類のお酒を飲み比べることができる。その噂は本当だった…。日本酒好きの関内新聞が既に興奮していると、日本酒のイメージとは程遠い、美しい女性が話し始めた。どうやらこの方が、今日の日本酒の会にお酒を出品している酒蔵の人。

 
北雪酒造 大西 美香 さん
大西さん7

新潟県は佐渡から今日の日本酒の会に出品した酒蔵は「北雪」と書き「ほくせつ」と読む。明治5年に創業した、暖流と寒流が行き交わす新潟県沖のトキで有名な、あの「佐渡島」の南方に拠点を置く酒蔵だ。佐渡島にはかつて、20以上もの酒蔵があったが、その数は4つまで減少。長い歴史の中で、こだわりを持っていい酒を造り生き残ってきた酒蔵の一つが、この「北雪」。

期待が更に高まるのは、関内新聞だけではなかったはずだ。

大西さん1

この日の為にか準備されたフリップを使い、丁寧に北雪酒造の説明をする大西 美香さん。

日本酒を飲むことだけを目当てに…、いやウンチクを聞くことを目的に来たわけじゃない関内新聞を含めた参加者が、早く酒を飲ませろと考えていることを知ってか知らずか、会の開始を宣言する乾杯の前に熱く語る。

 

ふぅ~

早く飲ませて…。

誰かがそんなため息を吐いたころ、美香さんが話し始めた北雪酒造の凄さに、他の誰かが生唾を飲む。

 

ゴクっ!

 

ロバート・デ・ニーロ氏が経営する『NOBU』とダブルネームで
大西さん8

参加者の誰かが生唾を飲んだ時、美香さんは勝ち誇った顔をして話してくれた。

目次に戻る