この街を愛するがゆえに関内新聞を張り切って創刊するジャン!

関内新聞創刊

横浜が好きで、関内を飲み歩くのが好きで、こよなくこの街を愛していることを伝えたくて、それで…。何かできないかなぁと思っていた中、これだっ!と神がかり的におりてきたので…。

2013年12月2日 関内新聞を”勝手に”創刊することにしちゃいました!

結構急に思いついちゃったので、準備期間は2週間程度しかなくて、間に合うかなぁって心配だったのですが、何とか今日の日の創刊を迎えることができました!

いいジャン!やるジャン!すごいジャン!

もちろん創刊することがゴールではなく、この関内の良いところを世界中に向けて配信して行くことが目的で、関内を世界的に有名にするのが目標なので、これから色んなところに取材に行って記事をたくさん書きたいと思ってます!

関内新聞を創刊すると決めて、どんな記事を書こうか色々と考えてるのですが、あんまり考えもまとまってない状況ですが、まぁ美味しいお店とか、雰囲気のいいお店とか、楽しいお店とかをたくさん取材できるといいなぁ、といった感じです。

ん?食べることしか考えてないのかって?

そうですっ!… あ、いやいや違いますっ!(^^;;

だって関内には、たくさん紹介したい場所もたくさんありますし、話題もネタも豊富だから、この街のマニアックな情報も取り上げて行きたいと思ってますよ^_^

 
山下公園だって関内

山下公園

地元の人は知ってるけど、関内ってそもそも地名ではないのです。関(せき)の内側という意味で、それはそれは随分と前に言われるようになったんです。(サラッと…。)

この関内新聞でもいつか、この「関内」という概念についてリサーチして記事にしたいと思ってます。

本当は、この創刊の日に合わせて、関内の紹介を兼ねて関内の概念について触れようと思っていたのですが、ちょっと迷うところがあって、もう少し調査する必要があると思ってます。

なので、今日はサラッとだけ触れときますね。

 
横浜スタジアムは関内

横浜スタジアム

横浜ベイスターズの本拠地 横浜スタジアムは関内にあります。野球のシーズン中は、当然ベイスターズ戦が行われていますが、シーズンオフなどはコンサートやイベントなんかも行われていますよ。

しかもドームじゃないので、コンサートが行われている時は、関内中で音楽を聴くことができます。(って、ウソです。)

野球はやっぱり屋外でするもんですよね。なので、我が関内の横浜スタジアムは屋根なんかつけないのです^^

 
関内からベイブリッジも見えるジャン!

横浜ベイブリッジ

カップルだけじゃなく、色んな人に人気のあるスポットとして、ベイブリッジがあります。関内からは、そのベイブリッジが一番いい感じで見ることができるのです。

これからの時期、この写真を撮っているスポットには、たくさんのカップルが集まってくる(!?)はずジャン。

羨ましぃっす…。

 
マリンタワーも関内ジャン!

マリンタワー

デートスポットとして人気の理由にはベイブリッジだけじゃなく、このマリンタワーも一役かっているんですよね。


ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

次の記事20131204_eyecatchソーシャル時代だからこそ関内新聞は積極的に使ってるジャン!

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る