【舌鼓】箸で食べれるスペアリブの圧巻グリル料理でZIPを満足する

秋という季節が、食べ歩き意欲を掻き立ててくれる。

心地良いタイミングで陽が落ち、心地良いタイミングから美味しい食事を摂れるこの季節。無性に美味しい物に出会いたくなり、仕事に集中することができない。

一度、そっちに向いてしまった意識を無理やりに戻しても、どのみち効率良く仕事にならないと理解できれば、することはただ一つ。

そう、アイツにメールすることだ。

※アイツとは、関内新聞のグルメカテゴリのネタで読者に美味しさの感動を伝えるため、手だけで出演するボランティアスタッフのパクパク隊のこと。前回は、馬車道の割烹の回に登場している。

 
食事でもどうだ?

こんな日は、ゆっくりと時間をかけお店を吟味する。幸い陽が落ちるのが早くなり、夜が長くなっている季節。心地良い横浜の海の風を感じながら、ゆっくりと街を歩き、店探しをすることが許される季節も嬉しい。

関内に着くのにもう少し時間がかかるというアイツからの返事も、普段ならイライラ感を募らせるだろうに、この季節が寛大な気持ちにさせてくれる。

待っている時間は好きではないが、店との出会いを求めフラフラと歩く時間は大好きだ。

仕事の都合でみなとみらい線で来るというので、日本大通り駅で降りるように伝えていた。ベイスターズ通りを歩き、待ち合わせの駅の出口に向かう時に、ふと見上げた秋の空の手前に気になる輝きを見つける。

ZIPの外観①

はて?

気分が良いから空を見上げる気にさせられたのか…。それとも、この灯りがこちらを向くようにと上を向かせたのか…。

ビビッときたこの感覚は、間違いの無い当たりを引かせてくれる冴えた直感。

ZIPの外観②

ベイスターズ通りと南仲通りの交差点の角を曲がり、直感に赴くまま足を進めると、冴えた意識が更に正しかったと感じさせてくれる、その店の入口を見つけることができる。

ZIPの外観③

ほぅほぅ
 

入口にまでも、力を入れて雰囲気作りをしている。手を抜かないこだわりを感じる店は、間違いない当たりだろう。いや…。これまでの食べ歩きのデータベースを瞬時に開き思い返したとしても、この雰囲気とさっき感じた直感は当たりだな。

 
よし、行ってみるか…。
 

そう思い、一目散に店の入口をくぐりかけた時に、忘れていたある事を思い出させてくれる電話のベル。

 
おぉっと、そうだった。
駅の出口で待ち合わせしていたアイツのことを、すっかり忘れてしまっていた。

みなとみらい線の日本大通り駅に着いたというアイツに、ジャックの塔を目印に南仲通りまでの道のりを指示して到着を待つ。道を間違えずに来ることができれば、駅からは3分程度で着くはずの距離。

 
早くこのこだわりの続きが見たいと、逸る気持ちを抑えるのがやっと。その3分が長く感じるほど、ビビッと来た感覚がムズムズと足を動かそうとする。

ZIPの外観④

グングンと押し寄せてくるこだわりの嵐。

ZIPの外観⑤

吸い込まれるように一気に駆け上がりたくなってしまう、階段アプローチの装飾。

 
アイツは、まだか…。


お店詳細


ページ:

1

2 3 4 5 6 7 8

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20141015movie_eye「封切り」という言葉を生み出した映画の街「横浜・伊勢佐木町」

次の記事20141016plus_eye【風光】自然の景色を感じ楽しめるカジュアルダイニング「PLUS+」

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る