【想見】馬車道の夜をおどろきに旨く割烹SOUで季節を思い浮かべる

秋という季節が、言葉通りに秋と感じられるようになってきた。

珍しくアイツの方から呼び出され、土曜日だというのに馬車道に繰り出す。少しずつ辺りが暗くなり出す時間。向かいからやってくる車のヘッドライトが、ちらほらと灯し始められる夕刻。馬車道の交差点から、大好きな風景に身を投じながら、待ち合わせの店を探す。

 
どうしても連れていきたい店がある。

秋という季節がそうさせるのか、関内の街に慣れたせいなのか…。アイツが先に店に行って待っているというのは、極めて珍しく、雨でも降るんじゃないかと冷や冷やさせられてしまうほどだ。

※アイツとはグルメネタにしばしば登場するパクパク隊のこと。グルメが得意分野にも関わらず、前回は中華街のBarNORGEの回に登場している。

こんな場所にそんな店があっただろうか?

アイツから連絡があった時には、直ぐにはピンとこなかった。ただ確かに、交差点から馬車道を歩き、ビジネスホテルの建物の手前を小道に入れとだけ言っている。

割烹SOUの看板

此処だな…。
 

そういえば、この小道に入るのは初めてだな。街灯の灯る馬車道の風景に自分の姿を入れて歩くのが好きで、なかなか脇道にそれられないでいる癖のせいだ。こんな雰囲気の良い場所なら、もっと早くに来ても良いはずだったかもな。

割烹SOUの外観

アイツから店を決め、そして先に店で待っていられるという店。

そのことに気になると同時に、こんなお店がこの関内にあったということに驚きだ。アイツにしては、感じの良さそうなところを見つけたもんだと、初めて入るこの店の面持に、少々うっとりと見とれてしまう。

 
さて…。
 

アイツはもう来ているのだろうか。

馬車道の街のムードとこの店の外観に、すっかりとうっとりしてしまったが、そろそろ喉は潤いを欲し始めている。店で待ち合わせという、極めて珍しい夜の始まりに気の利いた台詞が見つからないが、待たせると悪いから、サッと店に入ってしまおう。

割烹SOUの小上がり

ほぉ…。

可愛らしいサイズのテーブルが置かれた小上がりが2席。

気取らない丸みの帯びたちゃぶ台が可愛いじゃないか…。

割烹SOUのカウンター①

ほぉう…。

几帳面に並べられたお箸がさり気ない、カウンターも良い色の木の温もりを感じる。

このカウンターで、チビリと日本酒をすするってのも、粋なやり方かも知れないな…。


お店詳細


ページ:

1

2 3 4 5 6 7 8 9

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20140919_releaseeye現代で考えると関内は広いと分かったので関外新聞はじめます!

次の記事20140929_baccoeye【抜群】本格イタリア料理を楽しく食べられるBACCOで呑んだくれる

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る