2014年9月23日

【想見】馬車道の夜をおどろきに旨く割烹SOUで季節を思い浮かべる

ページ数(6/9)
森本 康司 森本 康司

割烹SOUの南海子さん

南海子さん:
そろそろ日本酒をお召し上がりになりますか?

 
ほうほう。ナイスタイミングで、日本酒へのチェンジだ。

割烹SOUの新サンマのお刺身②

今年は夏が短かったせいか、この時期のサンマはしっかりと脂がのっている。そのサンマの刺身の味と合わせるには、やはり主役の座をサンマと争える日本酒の他にないのかも知れん。

様々な形、色、大きさをした数々の御猪口を自分好みで選ばせてくれる計らい。

その御猪口で味合うのは、宝剣

すっきりとした清涼感が、フルーティーな香りを上品にまとめ、辛口でいて柔らかい味わい。そして、その清涼感がサンマの心地良い脂を、またマイルドな甘さへと推し進めてくれる。

 
もう大満足だ!
 

割烹SOUの粟麩の田楽

パクパク隊:
ね。ねっ。
まだまだ気を遠くに飛ばして、満足を味わっている場合じゃないわよ。

 
確かにそうだな。お料理もまだメインが出てきていない。
それに、今、そこにあるキミが手を付けようとしている物はなんだ?

 
パクパク隊:
う~ん。お餅??
あ、いやお餅よりは、もう少し柔らかいかなぁ…。
 

お餅かそうでないかもわからない食感なのか?
それであれば、お餅で良いのではないのか??

 
ん??
 

餅のようであって、お餅だとは確信できない食感。その食感を、脳のデータベースが餅ではない何かとしか弾き出せない情報量の乏しさ…。

 
割烹SOUの壮平さんと南海子さん

南海子さん:
それは粟麩ですね。

 
んん??

あ・わ・ふ??

 
壮平さん:
お客様に驚いてもらえるように、いつもサプライズの一品をお出しするように心がけています。
それは粟麩を揚げて照焼き風のタレをかけていますが、それだけでないのがお分かりですか?

 
パクパク隊:
ここにもチーズね!
しかもブルーチーズですね!!

 
サプライズの一品だと?

さっきの茶わん蒸しでの驚かしでは、まだ足りないという、この貪欲さ。そこで仕掛けてくるのが、データベースに存在しなかった食べたことが無い粟麩の上に、そこにブルーチーズを組み合わせてくる、嬉しすぎるイタズラ。

少し甘く味付られたお餅にも似た食感に、ブルーチーズの風味が、意外にも意外。

しっかり日本酒にも合う!ではないか。

 
か、勘弁してくれぇ~。


お店詳細

目次に戻る