【想見】馬車道の夜をおどろきに旨く割烹SOUで季節を思い浮かべる

割烹SOUのカウンター②

っほ、ほぉぉ~。

カウンター正面に並ぶお酒に、整頓され美しさを放つグラスたちが良いオブジェとなる全体感も、たまらなく良いな。

やはりカウンターで肩を寄り添わせ、しみじみと日本酒をやるのが良いかも知れん。

 

ぅおっと…。

 
割烹SOUのカウンター③

パクパク隊:
今日はカウンターで良いわよね。
というか、きっと貴方のことだから、カウンターで日本酒をチビリやりたいって言うと思って、予めカウンターの席をお願いしておいたわよ。

 
そうだな。コイツのアレンジで、この店に呼ばれたんだ。突然の登場と、驚くそぶりをしてみたが、先に来ていると言っていたのだから、居て当たり前か。それにしても、呼び出された時から気になっていたんだが、どういう風の吹き回しで、自ら店を選び先に来て待つと言っていたのだろうか。

 
パクパク隊:
このお店ってこぢんまりしているけど、明るくて白い壁が清潔感あって綺麗でしょ?
このカウンターを見たら、必ずカウンター席に座るって言うと思ったから、こちらに座ったけど、小上がりの畳の席でも優しい雰囲気でお食事ができると思わない?
それとね。お酒を楽しむお店としては珍しく、1階は全面禁煙なの。あなたは文句言うかも知れないけど、女性が来やすいお店って、そういうところも重要なポイントよね。

 
なるほど、そういうことだったのか。

明るくて清潔。それに煙草の煙を気にしなくても良い配慮。コイツがこの店に連れ出した訳は、そういった女性ならではの視点からだということか。

確かに男して、ただ美味い、ただお洒落という店のラインナップだけより、女性が安心して来れる店もリストに入れておく必要があるな。美味いモンを食べさせるだけでは、女性からは100点の評価が得られんかも知れない。

割烹SOUで乾杯

パクパク隊:
お料理はお任せでお願いしておいたわよ。秋は美味しい食べ物がたくさんあるから、この季節を美味しく食べさせてもらえるように考えてくれると思うわ。

 
ふ~ん。
 

何から何まで気を利かせる日だな。好みを判った店選びに、クセを見抜いた席選び。

そして季節を食べさせるメニューは、お店にお任せする。

そう…。

それが、正しい身のこなしだ。

割烹SOUの照明

この可愛い照明の一つをとっても、この店には繊細でゆったりした時間が流れているのが感じとれる。

割烹と聞くと気難しそうな職人の無愛想さ加減に緊張し、無造作に料理を運ぶ割烹着姿の女将さんに気を遣いながらの食事を絵に描いてしまうが、それが正しくない妄想だと、明るく可愛い店の雰囲気から容易に想像できる。

 
きっとこの店には、期待していいはずだ。
 


お店詳細


ページ:
1

2

3 4 5 6 7 8 9

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20140919_releaseeye現代で考えると関内は広いと分かったので関外新聞はじめます!

次の記事20140929_baccoeye【抜群】本格イタリア料理を楽しく食べられるBACCOで呑んだくれる

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る