2019年9月2日

みなとみらいの夜景をバックにワールドワイドな盆踊り

保科政美 保科政美

8月24日(土)、対岸にみなとみらいのビル群を望む川沿いの公園で「関内北仲キャナルパーク盆踊り」が行われました。

『関内音頭』でBon Dance!!

盆踊り

盆踊り会場の北仲通北第二公園は、みなとみらい線馬車道駅にほど近い大岡川の岸辺。新市庁舎と並んで建設中のタワーマンションの裏手にあります。ハンドメイドの提灯が飾り付けられた会場は、ワールドワイドで不思議な雰囲気のお祭り空間になっています。

盆踊り

夜の帳が下りる頃、盆踊り第1部がスタート。このイベントで見逃せないのは『アラメヤ音頭』のサンバ•バージョン。サンバのリズムで会場は一気に盛り上がります。♪このよ〜こはまに〜まさる〜アラメヤ〜。歌って踊れる横浜市歌ですね。そして昨年発表されたオリジナル盆踊り『関内音頭』も披露されます。

盆踊り

盆踊りの合間には、勇壮な三宅太鼓のステージも。三宅島にルーツを持つ奥深く力強いリズムが真夏の夜空に響き渡ります。

盆踊り

盆踊り第2部は夜9時まで続きます。ランドマークタワーとクイーンズタワー、ゴージャスな夜景をバックに楽しめる関内ならではの盆踊りですね。

大人も子どもも楽しめるお祭りパーク

盆踊り

こちらは会場内の飲食ブース。近隣のレストランやバーの出店が並んでいますよ。

盆踊り

浴衣姿でハマ風に吹かれながらのブラジル料理。こんな楽しみ方、ほかではなかなかできませんね。

盆踊り子どもたちのために、金魚すくいやスイカ割り、花火などのアトラクションも。再開発が進められ巨大なビルがそびえ始めた北仲通エリアで、夏の終わりの素敵な夕べを体験できました。

この記事の著者

保科政美

保科政美

好物は麺類酒類全般。あまのじゃくなB型。大桟橋まで走って2時間、横浜奥地在住。いろいろな言語が聞こえてくる昼下がりの大通り公園で行き交う人を眺めているとロサンゼルスにいるような気がしてきます。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る