2014年7月24日

【静息】旨いもんを知り尽す、おやっさんが運んでくる薩摩の薫り

ページ数(1/5)
森本 康司 森本 康司

馬車道にひっそりと佇む薩摩の薫りを感じられる「どんこびっ」。自らが口にした旨いもんだけを取り揃え、本格薩摩焼酎とおやっさんの人情に包まれ過ごす最高に心地良い時間。静かに息づく、最高の素材を手ごろな価格で提供してくれる馬車道の隠れ家的和食。

梅雨の鬱陶しい日々がダラダラと続いていた。

降ったり、降らなかったり…。そんな今年の梅雨の最中に覗く、猛暑の匂いを感じさせる夏の太陽の下、山下から関内、そして馬車道へとあいさつ回りの営業に出かけた1日の終わりに、ふと我に返って感じること。

 
静かに旨いもんが食いたい…。
 

営業回りでタップリと汗をかき、更には大勢の人と話し続けてカラカラになった身体に、そろそろ「ご褒美」という名でキリを付け、潤いを与えてやりたいと思ってしまう。

 
何が良いかは決まっている。

何日か前、突然に呼び出された仕事の付き合いで立ち寄った、あのお店。重要な仕事の話を交わしながらの時間だったため、あまり堪能せずに帰ってしまったと後悔を残したあのお店で、今日は静かに旨いもんを食べながら、潤いで満ち溢れてやりたいと決めていた。

馬車道の薬局の角を曲がるとすぐのベルビルの2階にあるその店に、向かう足取りには迷いは全くない。

 

海鮮・旬彩 どんこびっ

入口

一際その白さが目立つベルビルに、こんな落ち着いた趣の店があるなんて、最初はこの目を疑ったほど。エレベーターを待つこともなく、建物の入口すぐにある階段を小走りで駆け上がり、その店の暖簾を目にする。

 
そうだ!この感じだっ…。
 

大き過ぎず、店構えの感じを強く変えることもなく、小さ過ぎず、主張の弱さを思わせることもなく、その存在感がちょうど良い白の暖簾が、静かで潤いのある時間を約束してくれている。

カウンター

その扉を少し開けると視野に飛び込む、高級感がさりげなく主張するカウンターの奥に見える飾り棚。それはまさに扉をくぐるたけで、都会の喧騒を掻き消すと約束してくれる、最高の居心地を目からも与えてくれる店作り。

 
先日の誘いを断らずが、正解だったな。

飾り棚の正面

施された照明も、規則正しく計算され並ぶ椅子もメニューも酒瓶も…。

一人飲みを静かに愉しみたい、今のこの気分に、最高にマッチしてぴったりだった。

飾り棚

どう見たって、酒飲みを喜ばせる術を知っていると言わんばかりの焼酎の数々。

飾り棚の右側から

どうやったって、酒飲みを唸らせる技を心得ていると叫ばんとしてる飲み方に合わせる道具の数々。

 

静かに酔いしれる…。

その願いが必ず達成されることが実感できて、昂揚感が渦を巻いて足の先から頭のてっぺんまで駆け抜けた時、どこからとなく心に響く声。


お店詳細

目次に戻る