2014年7月24日

【静息】旨いもんを知り尽す、おやっさんが運んでくる薩摩の薫り

ページ数(5/5)
森本 康司 森本 康司

飾り棚の正面②

プレミアムな焼酎と旨いもん。

今宵の目的は、しっかりと達成できた。静かに飲むという、最高に至福で、そして安らげる時間に身体を潤わせる。

 
アイツが居ない夜には、常宿のように使わせてもらうとするか…。

 

ショップデータ

【閉店】海鮮・旬彩 どんこびっ
  • 横浜市中区相生町5-79-3
    ベルビル馬車道2-A
  • TEL:
  • 営業時間:

 

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。近頃は、見様見真似でシェーカーを振ったり、料理をしたりすることが多くなった。お酒の空瓶で作るBottle Ware Artにハマっている。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る