【伝統】時代を超えて愛される「ホフブロウ」で歴史を感じる。

まだメインをオーダーするには早すぎる。

メインの前にもう一品を挟みたい。

 
何にするか?
 

チキンライス
チキンライス

お腹がいっぱいになる前に、ご飯物を持ってくるのも良い。何せランチを食べに来ているんだ。

 
スパピザ
スパピザ

いや待て。

スパピザって何だ?

こんなメニューは食べたことが無い。

 
う~ん。悩む。
 

どちらも甲乙つけがたいな。これは困った。

出来ればこの後に、メインを持ってきたい。

そしてメインは既に決まっている。

 
よし、決めた。
 
スパピザだ。お酒ももう少しは飲みたい。

ここでいきなりのライスは、その後の飲み物に影響する。何より、気持ちよく酔えないかも知れない。

それに、メインにはさっきメニューで見た、あいつを持ってくる。

 
ローストチキン アメリカンベーコンのせ ガーリックソース
ガーリックチキン

今日はメインの前にスパピザを食べ、そしてその後にローストチキンだ。メインにチキンを持ってくるんだ。チキンが被る。今日はチキンライスは諦め、次回にしよう。

ホフブロウ風と書かれたチキンライスには、かなり後ろ髪を惹かれる想いだが、スパピザと両方は食べきらない。

ふわふわの卵がのせられ、オムライス風になっているところにデミグラスか?
ソースがかけられているチキンライスも食べてみたかったが、それは次回だ。

 
それにしても、このスパピザは美味い。

スパゲティの上に、チーズがかけられ、ピザのようになっている。
恐らくこれは、オーブンでしっかりと焼いているんだろう。
鉄のプレートの端にある焦げてカリカリになっているチーズがまた良い。

 

これは「あり」だ。

 
 
おい待てよ。

このローストチキンも最高じゃないか。
鶏の足一本が丸々と焼かれている。それに、たっぷりと掛けられたガーリックソース。

チップやスパイスではなく、荒く刻まれた生のにんにくが恐らく、2かけか3かけは使われている。

こいつはやられた…。

 
ふぅ~、最高にお腹がいっぱいだ。


 
それにしてもこのお店、どんな歴史を持っているんだ。

これだけの雰囲気と、これだけの料理を出すんだ。
 

きっと何かある。

 
戦後間もない昭和22年からの歴史
内装5

ホフブロウは戦後間もない昭和22年に、営業を開始した。

お店詳細


ページ:
1 2

3

4

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事eye380【気合】意気込みが横浜ブランドを叶えた!横濱帆布鞄「045」

次の記事bunjiro_eye【意地】頑なな職人魂が出汁にしみ出るおでんを食わす文次郎!

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る