2014年8月6日

野球観戦しながら楽しめる「ハマスタBAYビアガーデン」開催中

森本 康司 森本 康司

冷たいビールや美味しい物を食べながら、大型スクリーンに映し出される横浜DeNAベイスターズの試合観戦が楽しめる「ハマスタBAYビアガーデン」が、今年も開催されている。仕事帰りに、横浜スタジアムの外周芝生エリアの解放感バツグンな場所で、盛り上がろう!

冷たいビールを飲みながら、美味しい食事と一緒に野球観戦が楽しめる「ハマスタBAYビアガーデン」が、8月1日(金)からオープンしている。

今年で3年目を迎えたこのイベントは、昨年までに培った認知度と、横浜DeNAベイスターズファンの拡大に伴って、開催から連日盛り上がりを見せている。

入口

約200人近くは座れると思われるテーブル席は、ベイスターズファンだけでなく、仕事帰りのビジネスマンの姿も多く見られ、野球が盛り上がるシーンでは、皆ビールを片手に歓声を上げ、さながら球場内で野球を観戦している雰囲気を味わっていた。

更には、ベイスターズの選手がホームランを打つと、そこから50杯限定でビールが半額になるなど、イベント側もベイスターズを盛り上げている。

会場②

また会場には、トルコケバブや富士宮やきそばなどのキッチンカーが10店、出店して来場者に美味しい料理を提供している。

出店

横浜DeNAベイスターズの球団広報 村田氏は、「3年目のイベントとなり、かなり認知度も高まっているが、それに甘んじることなく、昨年以上の取り組みしたい。昨年よりも出店数が増え、10店になったキッチンカーを始め、ナイトイルミネーションを今年から導入して、会場のムード作りを強化するなど行っている。ぜひ、ベイスターズファンだけでなく、地元に勤める方の会社帰りに立ち寄って欲しい。」と話してくれた。

イルミネーション①

イルミネーション②

また村田氏は、「野球場に実際に入ったことがない方でも、このハマスタBAYビアガーデンで、野球観戦の楽しさを実感してもらい、次の機会には球場内で試合を観戦してもらえるきっかけとなれば。」と話す。

会場①

取材に訪れた日は、横浜スタジアムに読売ジャイアンツを迎え、ホームで試合が行われていて、スタジアムから漏れ聞こえる歓声のおかげで、新しいタイプの観戦シートのような雰囲気だった。

 

イベント概要

ハマスタBAYビアガーデン
  • 開催日:
    8月1日(金)~9月7日(日)の期間中の横浜DeNAベイスターズ試合日
    ※ホーム/ビジターとも、計32日間
    ※休業日:8月4日(月)、11日(月)、18日(月)、22日(金)、25日(月)、9月1日(月)、計6日間
  • 開催時間:
    横浜スタジアム試合開催日:15:00~21:00
    他球場試合開催日:17:00~21:00
  • 入場料:無料
  • 開催エリア:
    横浜スタジアム外周 レフト側芝生エリア
  • 内 容:
    ・ご当地グルメのキッチンカーやビールなどの冷たいドリンク類の販売
    ・横浜DeNAベイスターズ スクラッチカードの販売(ハズレなしスクラッチ式くじ)
    ・ステージイベント、など

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。週に3度は、関内で飲み歩きしている。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。汗っかきで、暑さが苦手。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る