【情熱】滝ともはるの音楽が南回帰線を経て行き着いたパラダイス

関内新聞が2013年12月に創刊されてから4ヶ月。

その間、関内という街をひたすら歩き、そして取材を続けている中、この街と音楽は切っても切れない関係があるのではないかと感じるようになった。

2014年3月には、JR関内駅前セルテ11階に入居するハート&ソウルを取材。その時に出会ったハート&ソウルのオーナーでありミュージシャンの原 正行さんと話している中、馬車道は住吉町にいるミュージシャン仲間の話を聞かされる。

 
パラダイスカフェ
パラダイスカフェ⑤

早速そのミュージシャン仲間に会いたいと原さんに嘆願すると、彼は快くその仲間がいるという店に連れて行ってくれた。

尾上町から馬車道に入りホテルのある角を曲がる。この街の道は碁盤の目のようになっているので分りやすい。2ブロックほど歩き、六丁目に差し掛かった交差点の角にある建物の地下にパラダイスカフェはあった。

パラダイスカフェ⑥

原さんの後を追い店の階段を下りていくと、既にその瞬間からアコースティックのギターの音がこぼれてくる。

ココにもまた音楽がある。

新たに出くわした音楽が聴けるお店に、高揚感が高まりつつあるコチラのことなど構いもせず、原さんは店の扉を開けて入っていく。

滝ともはる④

開かれた店の扉へと彼の背中を追う。するとその瞬間、目の前に白髪交じりのオールバックの男が、アコースティックのギターで弾き語りをしていた。

その声には渋みが混じり、そして地の底から響き渡るような強さ声で、ブルースを唄っている。

滝ともはる⑤

滝 ともはる さん

その男こそ、ハート&ソウル原さんが言う、関内のミュージシャン仲間の張本人だった。

 
しばらくの間、滝さんの迫力あるそして何処となく哀愁が漂う歌声に聴き入る。
既に時間は深夜12時を回っていたが、この店はまだまだ終わろうとする気配がない。

 
それが関内の夜。
 

たった1曲。そのわずかな時間で既に、魅了される歌声。この男のことをもっと知りたい。もっと滝さんのことを知らなくては、関内の夜を語ってはならないような気がした。


それから1週間。

再び彼のもとへと足を運んだ。
どうしても話が聞きたいと無理を言う願いを滝さんは、すぐに叶えてくれたのだった。

 
指定された時間は、お店の開店時間よりも3時間も早い。

時間に遅れてはならないと、少し早めに到着したが、店へと下りる階段からは、あの日と同じようにアコースティックのギターの音がこぼれている。

 
ん!? 待たせてしまったかな?
 

滝ともはる⑪

恐る恐る扉を開けるコチラには、気が付かないようだった。曲を遮ってはならないと、後ろ手に静かに入ってきた扉を閉める。

滝ともはる⑨

滝さん:
僕はね、日本一ギターが下手なミュージシャンなんだ。
でもねこうやってずっと練習していれば、いつかは上手くなる。そう思って30年、ずっと練習しているんだよ。いつかは上手くギターが弾けるようになると思ってね。

お店詳細


ページ:

1

2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事hoshizo_eye【神秘】宇宙空間に投げ出されるプラネットBar星蔵で流星を見る

次の記事aozora_eye【満腹】もうマジックとしか思えないタンメン青空で最高の満足感

関連記事


近日のイベント

6月
1
all-day 第35回横浜開港祭
第35回横浜開港祭
6月 1 – 6月 2 all-day
第35回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2016年6月1日(水)、6月2日(木) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com ※当イベントは、関内エリアのお隣、みなとみらい地区で開催されますが、関内新聞が協賛しているイベントであるため、当サイトに掲載いたします。

View Calendar

ページ上部へ戻る