2019年5月22日

石川町の商店街がビアガーデンに!! 裏フェス大盛況

保科政美 保科政美

普段は静かな雰囲気の商店街が、この日ばかりはお祭りムードで大盛り上がり。5月19日(土)に石川町南口で開かれた「裏フェス」に行ってみました。

元町ショッピングストリートはクラシックカーでいっぱい

裏フェス1

「裏フェス」会場へ行く前に、石川町駅南口から東へ向かって元町に寄り道。じつはこの日、元町ショッピングストリートには、かっこいいクラシックカーがずらりと並んで展示されていたんです。

裏フェス2

展示されているクルマは、5月17~19日に開催されたクラシックカー・ラリーの参加車。17日の夕方に元町を出発し、鎌倉・真鶴・箱根・小田原・宮ヶ瀬ダム・逗子と走り抜けて19日午後に元町に戻ってきました。

裏フェス3

日本全国に数ある商店街のなかでも、元町ショッピングストリートはクラシックなスポーツカーが最も似合う所ではないでしょうか。

これが裏フェス!! ひらがな商店街は人でいっぱい

裏フェス4

元町からふたたび石川町駅南口方面へ戻って中村川沿いのひらがな商店街を進んでいくと、こちらでは下町ムードあふれるイベント「裏フェス」が始まっています。駅のガード下から河岸に沿って青空マーケットの出店が並んでいますね。

裏フェス5

ガードをくぐってさらに進むと、こちらはフードコーナーです。近隣の店舗が自慢のフードやドリンクを500円均一で提供。

ケバブサンド、ナチョス、ステーキ串、ラフティー丼、ナポリタン、そしてハイボール、日向夏ジントニック、シードル、生ビール、クラフトビールといった多彩なメニューがすべてワンコイン500円ですよ。

裏フェス6

中村川沿いの歩道や路地裏のあちこちにテーブルが用意されて、まさに街全体がビアガーデン。この裏フェスは、吉田町じゅうビアガーデン、弁天通りの関内フード&ハイカラフェスタと並んで、横浜3大ストリートビアガーデンのひとつと言っていいでしょう。

裏フェス7

パパもママもごきげん。五月晴れの空の下、ファミリーで裏フェスを満喫していますね。

裏フェス8

イベント本部前のステージでは、バンド演奏やライブペインティングなどのパフォーマンスも。「アイ♥ 石川町」を合言葉に会場全体が盛り上がっていきます。

裏フェス9


バンド演奏の合間には、アイドル歌謡のDJタイム。チェッカーズ、吉川晃司、リンドバーグ、おニャン子クラブ、光GENJIなどなど、セレクトされたゴキゲンなアイドル歌謡に合わせてダンスも始まります。

裏フェス10

ステージ前に彗星のように現れたタンクトップ姿の男性がみごとな当て振りで踊りだすと、さらにヒートアップ!!

裏フェス11

汗まみれの大奮闘で会場を熱く盛り上げてくれたのは、地元にお住いの宮澤次郎さん。来場者を巻き込んでの即興ダンスで、会場は感動と爆笑のカオスに。

裏フェス12

そして、夕暮れせまる頃ステージに登場したのは、関内のイベントには欠かせない着ぐるみ懐メロ音楽隊、日ノ出サンデーズ。この日のステージはドラムのキヨピー欠席で、黒猫ルック&ウサギのエリーのコンビです。

裏フェス13

CDデビューを果たして絶好調のサンデーズ。テーマ曲に続いて、CD収録曲『横浜市歌』が始まるとステージ前につめかけた市民も合唱。フードあり、ドリンクあり、笑いあり、ハプニングあり、これが裏フェスの醍醐味ですね。このあと夜7時まで、ステージの熱狂は続きました。

さて、5月26日(日)は、弁天通り(横浜メディア・ビズネスセンター前)で「関内フード&ハイカラフェスタ」が開催されます。来週も横浜でストリート飲みを体験できるチャンスですよ!!

この記事の著者

保科政美

保科政美

好物は麺類酒類全般。あまのじゃくなB型。大桟橋まで走って2時間、横浜奥地在住。いろいろな言語が聞こえてくる昼下がりの大通り公園で行き交う人を眺めているとロサンゼルスにいるような気がしてきます。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る