2018年2月14日

ほんと!? 大岡川上空に空飛ぶパドラー出現!?

保科政美 保科政美

レンガ造りの歴史的建造物や美しい並木、中華街など、横浜にはインスタ映えする撮影スポットがたくさんあります。そして、横浜ならではの不思議な写真が撮れるスポットも…

衝撃写真がSNSでにわかに話題に

まだ風は冷たいものの、昼下がりの穏やかな日ざしに春の気配を感じるこの頃。そんな日にぴったりの大岡川沿いの散歩道で、こんな不思議な光景が目撃されました。

大岡川のパドラー

現場は長者橋近くの大岡川の岸辺。パドルを両手にサーフボードの上に立って漕ぎ進んでいくのは、人気上昇中のマリンスポーツ、スタンドアップパドル(SUP)を楽しむ方ですね。真っ青な空をバックに、スイスイと気持ちよさそうですね。

おや、青空?

大岡川の水面ではなく、空を漕ぎ進んでいるなんて、まさか…

この不思議な写真を撮影したのは、横浜市内在住のムダサイエンティストの平林純さん。

よく晴れた先週10日(土)の午後2時半頃、大岡川近くを散歩していた平林さんは、青空をきれいに映した水面に浮かぶパドラーを見つけて撮影。

天地を逆さまにするとパドラーが空を進んでいるように見える画像をSNSにアップして、見た人を驚かせてくれました。

平林さんは「画像認知・処理的に面白いことは、この画像の人物上下部分について、その片方が『周波数情報も(その当然の結果としての)ダイナミックレンジも本来遙かに豊かに持っている』はずなのに、撮影デバイスや周辺認知の影響で、それが逆転して感じられるところかも」とムダサイエンス的考察をコメント。

厳しかった寒さも緩みはじめて気持ちのよい日が続きそうなこれからの季節、スマホやカメラを片手に横浜を歩いてみませんか。あなたもきっと素敵なシャッターチャンスに出会えますよ。

写真提供

平林 純(ひらばやし・じゅん) 主な著書に『論理的にプレゼンする技術 聴き手の記憶に残る話し方の極意』SBクリエイティブ、『史上最強科学のムダ知識』技術評論社 など。

この記事の著者

保科政美

保科政美

好物は麺類酒類全般。あまのじゃくなB型。大桟橋まで走って2時間、横浜奥地在住。いろいろな言語が聞こえてくる昼下がりの大通り公園で行き交う人を眺めているとロサンゼルスにいるような気がしてきます。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る