2014年4月17日

【情熱】滝ともはるの音楽が南回帰線を経て行き着いたパラダイス

ページ数(3/4)
森本 康司 森本 康司

滝さん:
デザイナーがいなかったから、自分でサイズを測り、高さも図ってデザインした。家具もね、自分でイメージ通りの物が見つかるまで探し回ったんだよ。

パラダイスカフェ③

滝さん:
床材は、無垢のナラ材。これも自分で見つけて来た。

パラダイスカフェ④

滝さん:
壁は珪藻土(けいそうど)を使っている。珪藻土は、湿気が多い時には吸ってくれ、逆に乾燥している時には蓄えた湿気を出してくれるんだよ。

改装の時には、自分の理想的な店の雰囲気を作るため、やりたいようにやった。その結果、予算も大きくオーバーしてしまったけどね。

 
だからか。この店は完璧にコンセプトが定まっている。客が座るソファーも椅子の座面も深みのある赤。床はぬくもりのある深い茶色に、どことなく古さを感じさせるようなところに渋さを感じる。

味があるんだ。

 
滝さん:
それまでのパラダイスカフェには、勢いがあった。自分のために店をやって、ここでやりたい音楽をやって来た。

だけど改築してすぐの頃に、リーマンショックがあり、そして東日本大震災。ちょっと苦しい状況なってしまったね。

滝ともはる⑦

滝さん:
やがて13年のお店の歴史の中で、少しの方向性が徐々に変わって来て、それに気が付くのが僕は少し遅かったような気が今ではしている。

あぁ、時の流れをもっと敏感に感じるべきだった…とね。

それまでは、平日は毎晩僕が唄っていたんだけども、もう58歳でしょ。毎晩唄うのは、もちろんしんどくなってきたんだ。

滝ともはる⑧

滝さん:
それまでも時々は、他のミュージシャンを呼んで、このパラダイスカフェで唄ってもらうこともあったけど、今年からは、この箱を活かしてくれる次世代のアーティストに開放していくことが、お店の使命だと考えるようになった。

例えば、今もこの店で一緒に唄っている米重 優哉をもっと前面に出したり、他の色んなアーティストにこの店を全面開放していく。これからのパラダイスカフェは、ライブハウスとしてアーティストの登竜門となるような場所にしていきたい。その為に、今は積極的に出演者を急募しているよ。

滝ともはる⑩

滝さん:
6月には、上田 正樹 さんも唄いに来てくれるしね。上田さんは、時々パラダイスカフェで唄ってくれているよ。

それに一昨年、桑名 正博 さんもココでライブをやってくれた。恰好良かったよね。

 

なんと。あの桑名さんも、パラダイスカフェで唄ったことがあったのか。桑名さんの歌声、ここで聞いてみたかったな…。

 

滝さん:
桑名さんとは、深いつながりがあった訳じゃないけど、ここで唄って欲しいとお願いしてね。それで来てくれたんだ。実際には僕が堀内さんとテレビをやっていた頃、ゲストで来てくれたので会ったことはあったんだけど、桑名さんは、そんなこともあったかなって感じだった。

桑名さんのライブは盛り上がってたよね。その時のアンコールで、桑名さんが『生きてるうちが花なんだぜ』を唄ってくれたんだ。

生きてるうちが花なんだぜって、あれから凄くそう思うようになったよ。だから、ここで若いアーティストを発掘して、スターになって欲しい。そんなライブハウスに、これからのパラダイスカフェをしていきたいと思っている。

ギター

お店詳細

目次に戻る