2016年3月30日

MINMIが国家独唱!横浜DeNAベイスターズの今季の本拠地開幕戦!

ページ数(1/2)
森本 康司 森本 康司

いよいよ横浜DeNAベイスターズの本拠地開幕。横浜スタジアムでは大勢のファンの前で、球団史上最大の開幕セレモニーが行われた。国家独唱には歌手のMINMIが登場。横浜スタジアムの上空にはヘリも飛ぶなど、文字通り盛大なセレモニーとなる。

いよいよ2016年シーズンが始まりました。我らが横浜DeNAベイスターズの横浜スタジアム本拠地の開幕戦となる試合が行われ、その試合前に盛大なセレモニーが催されました。

2016年シーズン開幕戦

たくさんの横浜DeNAベイスターズファンで埋まった横浜スタジアム。試合開始より30分前の18時、バックスクリーンに一人ずつ、スターティングメンバーが紹介され始めます。

2016年シーズン開幕戦で選手紹介①2016年シーズン開幕戦で選手紹介②2016年シーズン開幕戦で選手紹介③2016年シーズン開幕戦で選手紹介④
それぞれの選手の紹介がされると、ライトスタンドのベイスターズ応援団から、個々の選手の応援歌を歌い盛り上げます。

…と、その上空に一機のヘリコプターが…。

2016年シーズン開幕戦でヘリコプター2016年シーズン開幕戦でヘリが映した映像横浜スタジアム上空を飛ぶ、横浜市消防局航空隊のヘリコプターが、空から見た横浜スタジアムの様子を撮影。即座にバックスクリーンに、その映像が映し出されました。

2016年シーズン開幕戦で筒香の意気込み①2016年シーズン開幕戦で筒香の意気込み②
ヘリコプターが撮影した映像の合間に、筒香選手がバックスクリーンに登場。

ベイスターズファンにとっては、何とも心強い意気込み、「143試合全部 勝ちたい」が筒香選手の顔と共に映し出されます。

2016年シーズン開幕戦でラミレス監督

その映像をベンチから見守っているのは、今季から横浜DeNAベイスターズの指揮をとるラミレス監督。小紙にとっては、昨年10月21日に行われた就任記者会見以来となる再会。

初めてユニホーム姿を目の当たりにしたため、何とか写真に納めようと、そのチャンスをうかがっていました。

 
他の報道陣がむけるカメラを避け、やっとの思いでラミレス監督を写したその時、

2016年シーズン開幕戦でカウントダウン①2016年シーズン開幕戦でカウントダウン②2016年シーズン開幕戦でカウントダウン③2016年シーズン開幕戦でカウントダウン④
バックスクリーンでは、カウントダウンが始まります。

2016年シーズン開幕戦でカウントダウン⑤

そして、そのカウントが「1」まで来ると…

 
どかーん!

2016年シーズン開幕戦で花火

暮れ始めた横浜の空に花火が打ち上げられます。これほどの花火を球場で上げれるのは、数が少なくなったとはいえ屋根無し球場のなせる技。

こういったシーンを引き続き楽しむためにも、横浜スタジアムは今のままであって欲しいと感じずにはいられません。

2016年シーズン開幕戦でディアナ①2016年シーズン開幕戦でディアナ②
花火が打ちあがり、まだその煙が引ける前に、ディアナを先頭にスターマンとキララが登場します。

実は、この数十分ほど前。まだスタジアムの裏側で球団広報より取材についての注意事項を説明されているとき、キララが報道陣の前を通りすぎて行きました。その時、キララは一人一人の報道陣とハイタッチをして、見えないところでも気配りができるマスコット。

メディアでは、某球団のマスコットがウイットに富んでいると持てはやされているようですが、横浜DeNAベイスターズのキララの優しい気配りも、もっと伝えていって欲しいと、この時は強く感じました。

2016年シーズン開幕戦でフラッグ①2016年シーズン開幕戦でフラッグ②
ディアナとスターマン、キララに続いて、大勢の子供たちが「I☆YOKOHAMA」のフラッグを持って登場。このフラッグを目にするたびに、この街にプロ野球球団があってよかったと思う方は多いのではないでしょうか。

そのシンボルともいえるフラッグが、たくさんの子供たちの手でグラウンドいっぱいに広げられていきます。

2016年シーズン開幕戦でフラッグ③

1ページ 2ページ
目次に戻る