2018年12月3日

紅葉をライトアップ!! 横浜公園で幻想的な風景が

保科政美 保科政美

山下公園通りと日本大通りの紅葉に続いて、横浜公園の紅葉のようすをリポート。夜の横浜公園で、見たことのないファンタジックな紅葉の景色に出会いました。

光を浴びて水面に映える「逆さモミジ」

横浜公園の紅葉ライトアップ横浜公園の紅葉ライトアップ

野球シーズンが終わってハマスタの改修工事が始まった横浜公園。スタジアムを囲む白いフェンスに沿って中華街方向へ進んだところに日本庭園「彼我庭園」があります。庭園では、池を取り囲むように立ち並ぶ約20本のモミジが鮮やかに色づいています。

横浜公園の夜景演出の新たな試みとして、このモミジのライトアップが期間限定でおこなわれました。今年初めての試行です。

横浜公園の紅葉ライトアップ

ライトに照らされて浮かぶように見えるモミジ。そして、モミジが池の水面に映って鮮やかな色が目の前いっぱいに広がる、まさに幻想的な風景。魅入っていると、関内にいることを忘れてしまいそうですね。

横浜公園の紅葉ライトアップ

周囲の喧噪から隔絶されたように静かな夜の彼我庭園。中華街から関内駅方面への抜け道として庭園の一角を通る人もかなりいるのですが、幻想的な夜景に気づかず急ぎ足で通り抜けていく方も少なくないようです。

横浜公園の紅葉ライトアップ横浜公園の紅葉ライトアップ

ライトアップの実施は11月21日から12月4日まで。今回は試行的に行なわれましたが、この結果をふまえて来年からの横浜公園の夜景演出が検討されるそうです。

横浜公園を抜けて大さん橋通りを渡れば、そこは12月の繁忙期を迎えた中華街。たくさんの観光客でにぎわう大通りに立って、彼我庭園の紅葉と静けさを思い返すと、あれは夢だったのかなと思ってしまいますよ。

この記事の著者

保科政美

保科政美

好物は麺類酒類全般。あまのじゃくなB型。大桟橋まで走って2時間、横浜奥地在住。いろいろな言語が聞こえてくる昼下がりの大通り公園で行き交う人を眺めているとロサンゼルスにいるような気がしてきます。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る