まるでフレンチ!?想像を超えた一皿が登場するおでん屋「文次郎」

胃袋の欲求が秋冬仕様になってきた今日この頃。

これからの時期にピッタリの、とっておきの情報を編集長から教えてもらっちゃいました。

 
フレンチのように楽しめちゃうおでん屋さんがあるらしい…!

 
おでん屋さんなのにフレンチのよう?

え?何屋さん??

わくわくドキドキ心躍らせながら早速お店にやってきましたが…

外観は完全におでん屋さんです!!

文次郎の外観

モグモグ隊として召喚したグルメな女友達は、気合い入れて丸の内OL風にキメてきたのですが…

メニューをなめるように見るその姿、フレンチ感はゼロ。

文次郎でメニュー選び

丸の内OL風のモグモグ隊になんて説明すればいいんですか。どうしてくれよう、編集長

…なんて、ちょっとザワザワしていたのは、このラインナップを見るまでの、ほんのちょっとの話です。見てください、カウンターの目の前に広がる、この夢のような光景…☆☆☆

文次郎のおでん

どれをいただこうか、目移りしてしまいます!!

たぷんたぷんのお出汁の香りが漂って、もうこれだけでお酒が飲めそうです。

丸の内OL風のモグモグ隊も、大喜びで写真を撮り始めました。よかったよかった。

文次郎で撮影

まずはこれを、と店主の河内さんがお出汁をおちょこに注いでくださいます。

文次郎の出汁

透き通った美しい色。こんなぜいたくな一杯、あるでしょうか。

文次郎の出汁②

もったいないのでちびちびっといただきました。

 
・・・ふ~!たまらない!!

この味がしみたおでん、間違いないに決まっています!!

はい、この通り!

定番の顔ぶれで楽しめる盛り合わせに…

文次郎のおでん盛り合わせ

お店詳細


ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事sakaba_eye王道から変わり種まで!「関内酒場」の串カツで魅惑の昼飲みを♪

次の記事yokohamabashi_eye昔ながらの人情味と活気溢れる“ハマの台所”「横浜橋通商店街」

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る