2015年9月28日(月)

まるでフレンチ!?想像を超えた一皿が登場するおでん屋「文次郎」

ページ数(2/3)
岸野 ちほ 岸野 ちほ

文次郎のマイタケ

まいたけ!

文次郎のヨモギ麩

よもぎ麩!

文次郎のトマト

トマト!

カキまで!!!!

文次郎のカキ

ひとつひとつの味は説明するまでもありません。

素材にしみ込んだお出汁が口の中で広がっていく…最高です。

ふと隣を見ると、モグモグ隊はもう熱燗いっちゃってます。

でも、飲まずにはいられませんよねえ。

文次郎の熱燗

「お刺身も、朝どれの新鮮なものだけですよ」

そう言ってスッと出されたキラキラのお魚たち。

文次郎の刺身盛り合わせ

こちらのラインナップは日によりけり。

この日は、イナダ、金目鯛、カツオ、ヘダイ、イシモチ、アジ、〆サバ、ウニ。お刺身は、それぞれの味が、濃い!さすが朝どれです。

「お刺身がおいしいと、おでんの味が引き立つでしょう?」と河内さん。

なるほど、おでんへのこだわりがあるからこその、新鮮なお魚へのこだわりということですね。

さらにはこんな豪華な一品まで!

大迫力!!

文次郎のウニ

濃厚で、ひとつひとつが大ぶり。

「良いもの」がいただけるって、本当に幸せです…。

ところで、「フレンチのような」という話はどこにいっちゃったんでしょう?

ま、おいしいからもはやどうでもいっか~とウニをほおばりホクホクしていたその時!

お店詳細

目次に戻る