2015年9月28日(月)

まるでフレンチ!?想像を超えた一皿が登場するおでん屋「文次郎」

ページ数(3/3)
岸野 ちほ 岸野 ちほ

ついに登場してまいりました!

文次郎のおつまみプレート

おでん屋さんでこんな一皿、見たことありますか??

 
白レバーのパテ、いぶりがっことクリームチーズ、あん肝、三浦大根の生ハム巻きです。

上からかかっているのはバルサミコ酢。

実は河内さん、フレンチのご経験もおありとのこと。

お酒に合うものをと、こんなメニューも用意されているのだそう!

 
「お酒はね、こんな風に楽しんでみるのもいいんですよ」

と、河内さんがワイングラスに注いでくださったのは日本酒です。

文次郎の日本酒

それでは日本酒をワイングラスでまず一口。

「空気に触れるとね、角が取れて飲みやすくなりますよ」。

へえ!と、言われるがまま、グラスを回し空気に触れさせてもう一口。

ほんとだ!口当たりが、なんだかまろやかに!

「日本酒初心者やニガテな人にも、これなら楽しんでもらえるでしょ」。

一品一品を一番いい方法で味わうためにはどうすればいいか、それを考えていらっしゃるのですね…!

そのことをさらに感じさせてくれたのがこちらの一皿。

なんと、おでんの大根とフォアグラによる奇跡のコラボです!!

どこのレストランですか、ここは!

文次郎のフォアグラ

個人的に、超ヒットです。

お出汁とフォアグラの濃厚さとバルサミコ酢のハーモニーってこんなにすばらしいのですね。

そしてワイングラスに注いだ、冷えた日本酒と合わないはずがないっ!

 
感激です。幸せです。

 
そしてたたみかけるように最後の大物登場!

まっ、まぶしいっ!!

文次郎の土鍋ご飯

鮭といくらの土鍋ごはんです。

これに最高の贅沢をすると、こうなります。

文次郎の土鍋ご飯②

さきほどのウニをご飯に乗せていっしょにパクッと…。

もう、なにも言うまい。至福とはこのことです。

おでん屋さんのカウンターで、結果こんなにグルメな女子会が楽しめてしまいました。

文次郎の宴会

おでん屋さんにいるような、フレンチレストランにいるような、不思議な時間。

いったい、どうしてこんなスタイルに?と河内さんに尋ねてみると、

「自分のスタイルを貫いて、自分にしかできないお店を作りたいんですよ」

と、力強く、そして笑顔で答えてくださいました。

 
すべてがとにかく丁寧で、河内さんの職人魂があらゆる部分から伝わってくるお料理ばかり。

文次郎」は「おでん屋さん」にはまったくおさまらず、どこまでも知らない世界へ連れて行ってくれるお店でした。

 
…それにしても、関内を愛する編集長の引き出しはほんと頼りになります。

ショップデータ

地酒や 文次郎
  • 横浜市中区尾上町3-40
    第二柳下ビル1階
  • TEL:045-633-3807
  • WEB:www.bunjiro.biz
  • 営業時間:
    【月~金】ランチ 11:45~13:30/ディナー 17:00~25:00
    【土・祝】17:00~23:00
  • 定休日:日曜

この記事の著者

岸野 ちほ

岸野 ちほ副編集長

九州生まれ九州育ち。学生時代を横浜で過ごし、横浜を第二の故郷と呼んでいる。ハマスタでアルバイトをしていたことがきっかけでベイスターズファンに。ファン歴は10年。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る