2014年3月4日(火)

【意地】頑なな職人魂が出汁にしみ出るおでんを食わす文次郎!

ページ数(2/3)
森本 康司 森本 康司

タコ

いきなりおでんから入りたいところだったが、今日はかなり腹が減っている。

それに仕事も片付いたから、「飲み」たい気分でもある。

こういう時は、軽く小鉢をつまんでビールで喉をゆっくり潤してやる。

今日の小鉢はタコのみそ酢和えか。

柔らかいタコが、酢の酸味と味噌の甘味で丁度良い感じ。

 
うまい。
 

こうなったら、おでんの前にもう一品ほしい。ビールもまだあるからな。おでんになるときは、日本酒に変えていたい。

 
焼き魚
開き

この時期にしては脂の乗った魚だ。何という魚なんだろうか…。

どことなく食べたことのあるような、それでいて何だか初めて食したような感覚にもなるこの魚。

お店の人に聞いてみようかと思ったが、何だか聞きにくいな。

まぁ旨いからそれでいいか。

 
よし、ここでおでんだ!
おでん

店の看板にも、表の提灯にもその文字がかかれている「おでん」。この店の看板メニューだろう。

いきなり空腹で、本能の赴くまま空腹を満たすためだけに箸を進めてしまうのではなく、軽く腹の虫を納めた今こそ、店の看板メニューを味わうタイミングだ。

それに、この店。おでんには相当な自信を持っているに違いない。

看板にも「おでん」の文字があるということは、この冬の季節だけでなく年中おでんを食わす店なのだろう。

 
相当な自信がなければ季節メニューを看板メニューにはしないはずだ。
 
ここは当然、大根と練り物。白滝も忘れてはならない。

それと変わり種を1種類入れよう。

 
なに?ロ、ロールキャベツ!?
 

おでんにロールキャベツとは珍しい。和風だしに肉汁を閉じ込めたロールキャベツ。

出汁に自信がなければ、このメニューはあり得ない。

味わうしかないだろう…。
 
 
ふぅふう。ほぐもぐ。ほっ、ほほ。

 
ほう、旨いじゃないか。定番の大根にはしっかりと出汁がしみ込んでいるし、見た目から薄味かと思っていたが、しっかりと味もついている。何よりも出汁の香りが最高だな。カツオ、いや昆布…。

かなり複雑な出汁を使っているな。

それにロールキャベツが旨い。肉の味がおでん出汁にまた合っている。洋風のロールキャベツではなく、これは和風のロールキャベツ。和風の出汁に肉汁たっぷりのロールキャベツが、こんなに合うとは知らなかった。

親方

こんなおでんを食わしてくれたんだ。

後は店に逆らわず、店側が勧めるメニューを食べて帰ろう。

そう思っていたところにカウンターの中から、店の親父らしき人が声をかけてきてくれる。

お店詳細

目次に戻る