2019年6月8日

梅雨入りした雨の夜は、静かに飲める相生町の晴耕雨読で稚鮎に舌鼓

この投稿をInstagramで見る

稚鮎の天ぷら。相生町の「晴耕雨読」さん。

関内新聞さん(@kannai.journal)がシェアした投稿 –


この写真を撮影した場所

めし酒場 晴耕雨読
  • 横浜市中区相生町2-34 石井ビル1F
  • TEL:045-264-4663


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします