2014年11月5日

ラタトゥイユのフランス料理教室―レストランの味が食卓に乗る!

ページ数(3/3)
森本 康司 森本 康司

習ったお料理のお食事

お料理教室の開始から約1時間。たっぷりと一流のシェフの仕事を目前で見て、しっかりと調理方法や味付け、食材に関する知識を教えてもらった後は、本日のメニューの実食です。

ポッシェした海の幸のジュレ
ラタトゥイユのポッシェした海の幸のジュレ

お料理教室の中での実食なので、一人一人少しずつの味見程度の分量かと思っていたのですが、またまたびっくり

若鶏のフリカッセ 胡瓜のグラッセ添え
ラタトゥイユの若鶏のフリカッセ

それぞれのメニューが、しっかり…、ちゃんと…、1人前のプレートで提供してくれました。

デザート
ラタトゥイユのデザート

その上、デザートと食後にはコーヒーまで出してくれて、料理教室に参加して、プロから調理方法を教わるだけでも滅多にない機会なのに、しっかりのボリュームのランチコースを頂けるとは、何ともお得。

 
普段お料理をされる方でも、料理はあまりされないという方でも、このラタトゥイユのお料理教室は、是非参加してみていただきたい関内のイベントだと思いました。

実際の調理方法を見ることによって、その後口にしたお料理を舌先だけでなく、頭から味を理解することができると思いますし、また、学んだ後に実際に調理をしなくても、お料理をいただくテーブルでの話題のネタにできると思います。

お得にフランス料理をいただくだけでなく、様々な知識を教えてくれるこのお料理教室。

皆さんも是非参加してみてはいかがでしょうか?

お料理教室の詳細

完全予約制
  • 毎月3~4回開催。2014年4月~2014年2月(8月休講)
  • 主に月曜、火曜と日曜(6月~10月)
  • 11:50受付。12:00より講習開始。
  • 内容:
    お料理2品のデモンストレーション(約1時間)
    習ったお料理のお食事(デザート付)
  • お一人様4,200円
    (※講習内容によりプラス料金が発生することもあり。)

【関内新聞読者特典】
事前に「関内新聞見たよ」と予約すると、グラススワインをプレゼント。(※お一人様1回限り)

ショップデータ

レストラン ラタトゥイユ

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。近頃は、見様見真似でシェーカーを振ったり、料理をしたりすることが多くなった。お酒の空瓶で作るBottle Ware Artにハマっている。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る