2015年9月12日

長陽福娘 山田錦純米酒無ろ過生原酒

森本 康司 森本 康司

山口県のお酒「長陽福娘 山田錦純米酒無ろ過生原酒」を頂きましたお米の甘い香りが口いっぱいに広がりますので、日本酒がお好きな方なら喜びの一杯になると思いました。

長陽福娘

甘味

旨味

酸味

苦味

香り

名称 長陽福娘 山田錦純米酒無ろ過生原酒
産地 山口県
蔵元 岩崎酒造株式会社
種別 純米酒
提供店舗 地酒や 文次郎
横浜市中区尾上町3-40 第二柳下ビル1階

コメント

クリームチーズちょっとのつもりなのに、ツイツイ調子に乗ってしまうのが呑兵衛というものです。プレートで出していただいたおつまみが残っているから…と、3種類目のお酒に手を伸ばしました。

次に選んだのは、山口県の「長陽福娘 山田錦純米酒無ろ過生原酒」。「福娘」というネーミングが嬉しく感じます。生酒だけにガッツリした味わいを感じます。日本酒の王道的なお味です。

お米の甘い香りが口いっぱいに広がりますので、日本酒がお好きな方なら喜びの一杯になるかと思います。

レバーペーストしっかりとした味を持っていますので、クリームチーズにいぶりガッコが入ったおつまみや、レバーペーストのような濃い味にバッチリ。互いの味の良いところを活かし合える組み合わせです。

また少し残っていたウニとも合わせてみましたが、こちらも良い相性のようでした。食中酒として、お料理を選ばず、また存在感をしっかりと保つ非常に良いお酒です。

地酒や 文次郎では、毎月一回「日本酒の会」を開催していて、ちょうど今月は、こちらの長陽福娘の蔵元がお店に来るそうです。非常にお得な会になっていますので、この銘柄が気になった方は覗いてみてはいかがでしょうか?日本酒の会の詳細は、こちらのページでご覧になれます。

※ここに書かれているコメントは、あくまでも個人的な主観に基づく見解であり、特定の銘柄を推奨または批判する物ではありません。また記事中に出てくるお店やお料理のメニューは、訪問日現在の情報です。常にそのお店でこの銘柄が提供されているとは限りませんので、予めご了承ください。

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。近頃は、見様見真似でシェーカーを振ったり、料理をしたりすることが多くなった。お酒の空瓶で作るBottle Ware Artにハマっている。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る