ジューシーな鶏はインパクト大!地鶏や 一鳥で大人の味わいを!

関内駅からほど近い場所に、おしゃれな鶏料理のお店がオープンしたらしいという情報を聞きつけ、やってまいりました「地鶏や 一鳥」。

「一鳥」関内店は、山手本店、上大岡店に続く3店舗目。

「一鳥」をよく知る人に聞けば、他の2店舗と比べると関内店は落ち着いた雰囲気のあるお店だそう。たしかに、入口からすでに品の良い空気が醸し出されていて、割烹料理のお店のようです。これは外観から大人のデートにもピッタリの雰囲気が…!

一鳥の外観

「鶏鍋のお店」という提灯が目を引きます。

実は筆者、九州の地鶏の街が故郷であることもあって、焼鳥、鶏鍋といった鶏料理が大好物♪ついでにお酒各種も大好物♪

これまでにもたくさんのお店を訪れてきました。

この日も、おいしい鶏料理が食べられるとあってワクワクとともに鼻息荒くいざ店内へ!仕事なのを忘れないようにしなくては!

一鳥の店内①

一鳥の店内②

明るい店内は、木材を用いたモダンな造りが印象的です。通されたのはカウンター席。お隣のお客様がワインと焼き鳥を楽しんでいらっしゃるところ。

そして目の前で店主の“プロお仕事”を目にすることができます。とにかくこの席はライブ感が抜群!備長炭でじっくり焼く焼鳥の煙も、お料理とお酒をさらにおいしくしてくれる気がします。

店主の芝崎慎二さん。お顔は後ほど。

一鳥の芝崎さん①

いただいたのは「おまかせ鶏鍋コース」3,500円。

まずはお通しということで、サラダに…

一鳥のサラダ

かぼちゃの冷製スープ。

一鳥のスープ

この冷製スープ、まるでフレンチのお店にでも来たかのような、さっぱりとした上品な味。一口目からため息が出ます。特に女性は、間違いなく好きな味のはず!

お通しですっかり満足しそうになりましたが、まだまだこれから!

お店詳細


ページ:

1

2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事eye今度は「ヒゲ割」!?珍企画&イベントでハマスタをもっと楽しむ!

次の記事sushihiro_eye【正夢】酔い締めに食べる大将の寿司で、正しく〆る一夜の遊覧。

関連記事


近日のイベント

6月
1
all-day 第35回横浜開港祭
第35回横浜開港祭
6月 1 – 6月 2 all-day
第35回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2016年6月1日(水)、6月2日(木) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com ※当イベントは、関内エリアのお隣、みなとみらい地区で開催されますが、関内新聞が協賛しているイベントであるため、当サイトに掲載いたします。

View Calendar

ページ上部へ戻る