【天国】溜まった疲れを取り痛みも和らげてくれる酸素カプセル

疲れをとるなら酸素カプセルだ!

そうやって人に勧められても、実際に体感してみないと、その良さが身体に溶け込んでいかないですよね?様々な健康法を勧められても、あまり続かないとか、その効果が感じられないなどの経験をすると、そんな風に感じてしまう事が増えてしまいます。

年齢を重ねるたび、溜まった疲れは寝てもなくならない。疲れが蓄積されると、日々気だるい感じがしながらも、生活をしていかなくてはならず、一体どうすればこの疲労感満載の身体をすっきりさせることができるのか。

そんな悩みを脳裏に秘めながらも、現実には毎日の仕事がやってくる。

もう悩んでいる場合ではないぐらい、疲れがピークに達している身体に、改めてまた飛び込んで来る情報。

 
酸素カプセルに入るとスッキリするよ!

何度か勧められても上がらなかった重い腰。でも、どうしようもない程に溜まってしまった疲れに堪りかね、思い切って試してみることにします。

 

メディカルエアー 関内

JR関内駅側から桜通りに入り、居酒屋がある常盤町のアライアンス関内ビル。酸素カプセルに入らせてくれ、疲れをとってくれるというメディカルエアー 関内に助けを求めてきました。

肩こりがひどく、何度かマッサージの店には行ったことがありますが、酸素カプセルのお店は初めてです。一体どんな店内なのかと、恐る恐る扉を開けると、そこに広がる清潔感満載の雰囲気に、一気に期待が高まりました。

カウンター

綺麗な白で統一された受付に座り、毎日の仕事の愚痴…、いや仕事が忙しく、溜まってしまった疲れが取れないと正直に伝えます。

スタッフの人に、事前のカウンセリングをしてもらってる間も、腰かけた白い椅子に、1ミリずつ身体が沈んで行っているような感じ。

店内

あれが酸素カプセルですね!

引き続き重たくなり続ける身体が、助けを呼ぶように店内を見渡して見ると、どう見たってコレだとわかるような形をした、店の奥に鎮座している大きな物体を発見。

酸素カプセル①

何とも神秘的な形をしたカプセル。

酸素カプセル③

何とも幻想的な光を放つカプセル。

酸素カプセル②

これからこの中に入るというのですから、当たり前といえば当たり前ですが、大きさはちょうど人が独り横たわれるぐらいのサイズです。


お店詳細


ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

前の記事20170707_news_eye【速報】曇り空の七夕の夕方、真砂町セルテ裏の路上で大捕物!

次の記事20140711_kotobukiya_eye【ワンコインランチ】立ち食いでワンコイン!!絶品海鮮丼ぶり

関連記事


近日のイベント

6月
2
all-day 第36回横浜開港祭
第36回横浜開港祭
6月 2 – 6月 3 all-day
第36回横浜開港祭 @ 臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
詳細 開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土) 場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺 主催:横浜開港祭協議会(横浜市 横浜商工会議所 (公財)横浜観光コンベンション・ビューロー (一社)横浜青年会議所) Web:kaikosai.com 開催実施要項:こちらからダウンロードできます 実行委員会からのメッセージ 本年の第36回横浜開港祭は、”Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~ をテーマに掲げ、6月2日(金)、3日(土)の2日間、開催致します。 賑わいから街をよりよくしていこうという伝統をしっかりと引継ぎ、これまで以上に多くの市民の皆様と手を携えて、共に市民祭を構築していくことで、より地域に根差した賑わいとして、横浜のまちづくりと観光の活性化に繋げて参ります。 今年も一人でも多くの方に横浜開港祭を楽しんで頂けるよう、一生懸命取り組んで参りますので、第36回横浜開港祭をよろしくお願い致します。 第36回横浜開港祭 実行委員長 野並 晃 親善大使 募集!! 第36回 横浜開港祭をキャンペーンPR活動などを通して盛り上げていただける「横浜開港祭親善大使」を募集しています。 詳しくは、こちらのリンクからパンフレットをご覧ください。 成功を祈願して、今回も巨大熊手を!

View Calendar

ページ上部へ戻る