2014年5月25日(日)

日本大通り駅に横浜DeNAベイスターズのバーチャルスコアボード出現

ページ数(2/3)
森本 康司 森本 康司

バーチャルスコアボードは、70インチの大画面を両面に搭載。横浜DeNAベイスターズの試合中には打席毎のライブ速報を放映。試合中以外の通常の時には、直近の試合結果や今後の試合予定の他、スペシャルムービーや球団からの告知などを放映することになっている。

バーチャルスコアボード③

■バーチャルスコアボードの概要
【画面サイズ】 70インチ(H877mm×W1541mm)、両面ディスプレイ
【筐体サイズ】 H2,100 × W1,800 × D450mm
【運用時間】 朝6:00~深夜25:00

■設置場所
両駅ともホーム中央付近(両エスカレーターの間)

バーチャルスコアボード⑨


バーチャルスコアボード④

ライブ速報


バーチャルスコアボード⑥

試合予定


バーチャルスコアボード⑦

スペシャルムービー



I ☆ YOKOHAMA プロジェクト
バーチャルスコアボード⑤

横浜DeNAベイスターズは今年4月より、株式会社横浜スタジアムとともにプロ野球をきっかけとしたまちづくりプロジェクト「I ☆(love) YOKOHAMA」を進めていて、この活動の趣旨に賛同した横浜高速鉄道株式会社がバーチャルスコアボードの設置に協力した。

目次に戻る