2014年6月3日

第83回横浜開港記念バザーで、見て!食べて!聴いて!汗かきました

ページ数(2/2)
森本 康司 森本 康司

植木市

小さな鉢植えにできる観葉植物から、庭に植える大きな木や盆栽なども、たくさん売られていました。

中華街側入口

また中華街側の入口には、テレビのB級グルメで見たことがあるようなメニューを販売するブースや、靴や洋服といった日用品を販売するブースなども立ち並んでいます。

Masakazu_Kawato①

そして、横浜らしいといえばやはり音楽。

バザーをお祭りとして盛り上げる為、ロックンロールを歌うバンド演奏が、横浜公園の石のステージで行われていました。

Masakazu_Kawato②

Masakazu Kawato & SPYCY DUCKY


横浜市民なら誰でも知っている6月2日の開港記念日。

この日を中心に、関内でたくさんのイベントが開催され、多くの人で賑わう時期です。開港を境に外国文化や人を受け入れて来た横浜の懐の深さを感じに、横浜関内にたくさんの人が訪れてくれると良いですね。

1ページ 2ページ

この記事の著者

森本 康司

森本 康司編集長

関西に生まれ、学生時代をアメリカで過ごす。帰国から5年した頃に流れ着いたこの街が好きになり、2013年12月に関内新聞を立ち上げる。美味しいものに目が無く、あらゆる種類のお酒を飲むがバーボンが特に好き。近頃は、見様見真似でシェーカーを振ったり、料理をしたりすることが多くなった。お酒の空瓶で作るBottle Ware Artにハマっている。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします

目次に戻る