2017年6月4日

開港祭の今だからこそ、開港資料館へGo!

大谷 幸一 大谷 幸一

関内の生き証人 〜玉楠の木〜 #横浜 #関内 #歴史  #welovekannai

関内新聞さん(@kannai.journal)がシェアした投稿 –


この写真を撮影した場所

この記事の著者

大谷 幸一

大谷 幸一デスク

昼はうだつの上がらない中年サラリーマン。しかし、ひとたび編集長からの特命が下ると、どんな難しい取材にも果敢に挑む熱血漢。こんな私を人は「関内新聞の仮面ライター」と呼んでいます。深い歴史があり、異国情緒漂う関内。この街の知られざる魅力をたくさん発見し社会に発信することが私の使命です。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関内新聞の最新情報をお届けします