2015年11月2日

日本大通りのテラスで乾杯♪Lunchan Avenueのカバで優雅な時間!

ページ数(2/3)
岸野 ちほ 岸野 ちほ

「コドーニュさんが直接訪れて『コラボするならココしかない!』と、このLunchan Avenueが選ばれたんですよ。」と語るのは、ジェントルマンの雰囲気漂う店長の本間清行さん。

ランチャンアベニューの店長

「ほら、僕のネクタイもね~、『アナ・デ・コドーニュ』に合わせてね、スペインカラーにしてるんですよ、赤と黄色でしょ。あ、コレね、私物なんですけどね」

「いや~もうこの企画決まってからは、毎日毎日みんなで運動会みたいな感じなんですよ~」

「でもね、みんな新しいことが始まるっているを楽しんでいてくれてね、それは、すごくいいですよね」

「もうね、とにかく僕はこの企画を成功させて、スペインに連れて行ってもらうってのが目標なんです!」

 

…ジェントルマン店長、饒舌です
\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

「さあさあ、タパス(小皿料理)も、『アナ・デ・コドーニュ』に合わせたオリジナルメニューですからね!ど~んどん出てきますよ!」

 
そうそう、それです、待ってました本間店長!ど~んどんお料理出してください!

そして続々出てきました、「アナ・デ・コドーニュ」に合わせて発案されたおつまみたち。

ランチャンアベニューの海老のアヒージョ

ランチャンアベニューのサラダ

ランチャンアベニューの生ハム

ランチャンアベニューのフリッター

もう、どれもこれも、「合わないわけがない!」というラインナップばかり出てきます!

 
そんな中、「地味ですけどね、コレが僕の一番のオススメなんです。」
と、本間店長が出してくださった一皿がコチラ。

ランチャンアベニューのベーコン

…たしかに、見た目はちょっと地味かも?(失礼)

なんでしょうかコレは…何かをベーコンで巻いている?…と怪しさを感じながらパクッと一口。

ベーコンの旨味と、中に入っている何かの…干し柿のようなプラムのような、そんな甘みが絶妙にマッチ!これは確かに、カバにめちゃくちゃ合いますね、店長!中には一体何が…??

 
「ナツメヤシですよ。ナツメヤシって、聞いたことはあってもなかなか食べたことはないんじゃないですか?」

ナツメヤシ、たぶん初めて食べた気がします。なんでしょう、この驚きのある味。そして「アナ・デ・コドーニュ」にピッタリ。これはぜひ味わってみていただきたいです。

お店詳細

目次に戻る